ボケ防止と認知症予防情報サイト。脳トレで脳若返り、健康寿命を延ばす情報等。


トップページ
サイトマップ

認知症予防、介護・認知症情報、シニアの健康情報、脳トレパズル



★お勧め姉妹サイト シニアレク会館(脳トレプリントDL)

愚痴は認知症への道? マイナス思考は脳に悪影響。

毎日愚痴を言ってはため息をつく、マイナス思考の人は脳に悪影響を与えてしまっています。また、愚痴を聞く側の人にまで悪影響を及ぼし、(同期発火といいます)相手にまで迷惑をかけてしまいます。

それなら愚痴は封印しなければならないの?というわけではありません。愚痴を封印してガマンするのも体には悪いですから、愚痴を言う回数を減らし、物事をプラス思考で考える練習をしてみましょう。
口で言うのは簡単でも実際やろうとしたら難しいことですが、少しでもいいのでマイナスな考えをしないようにして見るだけでも効果は出てくるでしょう。

愚痴と認知症の関係

脳は楽しいこと、ウキウキすること、感動することは大好物ですが、悲観的考え、落胆、落ち込み等マイナスな指向はストレスとなり脳に悪影響となります。それを言葉に出してふりまいてしまうのが愚痴です。
⇒ 脳に悪い3つの法則でも記載しました。

愚痴を言わないようにするためには

愚痴を我慢するのではなく、愚痴を言いたくならないようにしたいものです。現代社会には愚痴を言いたくなることばかりではありますが、自分の為にも考え方をちょっと変えて、ちょっぴりプラス思考な考えを持てるように出来るといいですね。

待ち合わせに相手が遅れてやってきても、ただ遅い〜(怒)と待つのではなく、周りを眺めていたらちょっと発見があったなぁ、と思えるようにするとか、人間観察のいい時間だったと思うようにするとか。

昔、江戸時代の日本人は、外国人から見て「豊かな生活ではないのに笑顔と笑い声にあふれていた」と驚かれたそうです。知らない時代のことですが、心の豊かさは見習いたいなぁと思います。

愚痴を言ったらすっきりする

なるべく言わないようにと思っても、やはり言いたくなってしまうでしょう。そんな時は「愚痴を言ったら後はすっきりして機嫌よくなろう」と思って話すと良いかと思います。
愚痴を言った本人がすっきりして気分よくなれば、愚痴を聞いた方も「聞いてあげて良かった」と気分よくなれます。こうなれば愚痴による脳へのストレスダメージも少なくて済みます。


[ 一覧に戻る ] [ トップページ ]




認知症基礎知識と情報

認知症についてまとめました。
新しい情報や対処法など様々な情報を随時更新していきます。

脳血管性認知症予防

脳血管性認知症についてまとめました。
突然の発症が怖い病気。予備知識としてぜひご覧下さい。

転倒・骨折と認知症

転倒による骨折から長期入院や寝たきりとなり、認知症になる方が多数います。ポイントは・・・。

糖尿病と認知症

糖尿病はそれ単体で認知症になる危険性があります。
正しい知識で糖尿病を防ぎましょう。

糖尿病予防で認知症予防

どんなに節約していても、怖いのが突然の病気等による出費です。
シニアの為の保険についてご紹介します。

レクリエーションプリントで脳活性化

シニアレク会館(姉妹サイト)に、無料で使えるパズルプリントが多くあります。

ボケ防止クイズ&ゲームで認知症予防

辞書ゲーム 思い出しゲーム ブロック途中経過推理ゲーム 漢字ばらばらゲーム 瞬間記憶脳刺激ゲーム 違うところ探しクイズ ダジャレを考えようゲーム

百人一首を書く 一覧

計算問題(足し算問題)他の問題へのリンクも


毎日の「アレコレ」を認知症予防体操にチェンジ

 料理編 食事編 テレビ編 ケイタイ編 一覧

お気に入りに追加




認知症予防脳トレパズル
認知症予防脳トレパズル
認知症予防脳トレパズル
認知症予防脳トレパズル
認知症予防脳トレパズル
認知症予防脳トレパズル
認知症予防脳トレパズル
認知症予防脳トレパズル

 ▼ 姉妹サイト
認知症予防脳トレパズル
認知症予防脳トレパズル
認知症予防脳トレパズル
認知症予防脳トレパズル
認知症の仕組みはまだわかっていません。ただ、脳は使えば使うほど、良い刺激を与えれば与えるほど活性化し成長します。脳は何歳になっても成長することがわかっています。認知症の予防の為にも脳は積極的に使っていきたいですね。