ボケ防止と認知症予防情報サイト。脳トレで脳若返り、健康寿命を延ばす情報等。


トップページ
サイトマップ

認知症予防、介護・認知症情報、シニアの健康情報、脳トレパズル



サイト管理者の本がアマゾン「仕事術・整理法」ランキング1位獲得です!『論理的思考力を鍛える33の思考実験』是非ご覧ください^^!
★お勧め姉妹サイト シニアレク会館(脳トレプリントDL)


友達の数と認知症の関係

友達の数認知症…一見関係がなさそうですが、実は密接な関係があります
どちらのほうが認知症になりやすいかは、おそらくご想像の通り友達の数が少ないほど認知症の危険度は上がると言われています。
その理由は何でしょうか。

友達はアクションを起こす動機となってくれる

例えば1人でテレビばかり見ていると、外部からの刺激がなく、脳は怠け放題になってしまいかねません。
そんな時友達がいると、何かを話したり、メールをしたりと「考える」「自分から動く」というきっかけになるでしょう。

脳は放っておくと受動的になり、自分から何かをすることを面倒と思ってしまいます。友達の存在が心を湧きたて、何らかのアクションを起こすきっかけとなるのなら。それだけで脳には良い刺激となるのです。

また、その友達にとって頼れる存在でありたいとか、自分1人でなく他人とのかかわりの中での自分を考えることができます。
人は自分の存在意義を持たないとなかなか積極的に生きてゆけませんから、友達はそんな意味でもあなたに良い影響を与えてくれるでしょう。

ストレス解消や、楽しさの共有

友達は、例えば悩みを聞いてもらったり、逆に聞いてあげたり、自分の嬉しいことに一緒に喜んでくれたり、ちょっとした自慢につきあってくれたりするでしょう。

認知症の原因の一つである日常のストレスを和らげ、楽しい気分を盛り立ててくれる(脳をいい気分にしてくれる)存在はぜひ持っておきたいですね。

友達と一緒に、さらなるアクションを起こす

例えば旅行に出かけたり、旅行とまでいかなくともショッピングモールで一緒に買い物を楽しんだりと、「出かける」きっかけを作ってくれたりします。あるいは自分から作るのも良いでしょう。

外に出る、というのは脳に非常に良いことで、外に出るだけでも脳は多くの刺激を得ています。
その中で、人に会ったり、買い物をしたり、旅行で新しい発見をしたり、そのすべてが脳に良い刺激を与えるのです。

脳は慣れてしまった環境には刺激を受けず怠けてしまいますが、新しい経験には敏感に反応し、良い刺激としてどんどん吸収してくれます。

定期的に旅行やショッピングやカラオケ等、一緒に行ける友達は、認知症予防の面でもかけがえのない存在なのです。


[ 一覧に戻る ] [ トップページ ]





認知症基礎知識と情報

認知症についてまとめました。
新しい情報や対処法など様々な情報を随時更新していきます。

脳血管性認知症予防

脳血管性認知症についてまとめました。
突然の発症が怖い病気。予備知識としてぜひご覧下さい。

転倒・骨折と認知症

転倒による骨折から長期入院や寝たきりとなり、認知症になる方が多数います。ポイントは・・・。

糖尿病と認知症

糖尿病はそれ単体で認知症になる危険性があります。
正しい知識で糖尿病を防ぎましょう。

糖尿病予防で認知症予防

どんなに節約していても、怖いのが突然の病気等による出費です。
シニアの為の保険についてご紹介します。

レクリエーションプリントで脳活性化

シニアレク会館(姉妹サイト)に、無料で使えるパズルプリントが多くあります。

ボケ防止クイズ&ゲームで認知症予防

辞書ゲーム 思い出しゲーム ブロック途中経過推理ゲーム 漢字ばらばらゲーム 瞬間記憶脳刺激ゲーム 違うところ探しクイズ ダジャレを考えようゲーム

百人一首を書く 一覧

計算問題(足し算問題)他の問題へのリンクも


毎日の「アレコレ」を認知症予防体操にチェンジ

 料理編 食事編 テレビ編 ケイタイ編 一覧

お気に入りに追加




認知症予防脳トレパズル
認知症予防脳トレパズル
認知症予防脳トレパズル
認知症予防脳トレパズル
認知症予防脳トレパズル
認知症予防脳トレパズル
認知症予防脳トレパズル
認知症予防脳トレパズル

 ▼ 姉妹サイト
認知症予防脳トレパズル
認知症予防脳トレパズル
認知症予防脳トレパズル
認知症予防脳トレパズル
認知症の仕組みはまだわかっていません。ただ、脳は使えば使うほど、良い刺激を与えれば与えるほど活性化し成長します。脳は何歳になっても成長することがわかっています。認知症の予防の為にも脳は積極的に使っていきたいですね。