ボケ防止と認知症予防情報サイト。脳トレで脳若返り、健康寿命を延ばす情報等。


トップページ
サイトマップ

認知症予防、介護・認知症情報、シニアの健康情報、脳トレパズル



サイト管理者の本がアマゾン「仕事術・整理法」ランキング1位獲得です!『論理的思考力を鍛える33の思考実験』是非ご覧ください^^!
★お勧め姉妹サイト シニアレク会館(脳トレプリントDL)


認知症におかされても症状がでない理由

脳は確かに認知症に侵されており、医師も「認知症」と断言できる状態なのに、症状が出ない場合があります。その理由とは何でしょうか。

脳は認知症でも認知機能が正常な場合がある

米国のケンタッキー大学の修道女研究の中で報告されたシスター・メアリーは、101歳で亡くなるまで高い知能を示し、認知症とは無関係の生活をしました。しかし、なくなった後、彼女の脳を見てみると、脳は委縮し、βアミロイドの沈着がみられ、典型的なアルツハイマー病患者の脳だったのです。

このようなことが一体なぜ起きたのでしょうか。

認知機能が高く、認知症に打ち勝つことができた

例えば、経理の仕事を長年していた人は認知症になっても計算能力は保たれるなど、優れた能力は認知症になっても保持されることが多くあります。

シスター・メアリーは、80歳超まで数学の教師をしていました。教師という常に勉強する立場に長年いた事が幸いしたのでしょう。その後も福祉活動で常に多くの情報を脳が受けていました。それらの高い能力が彼女に認知症の症状が出るのを遅らせていたと考えることができます。

脳の代償機能

脳には秘められた力があります。

脳の一部に多大なダメージを受け、その部分が司る能力を失ってしまったとしても、脳の他の部分がダメになった部分の代わりをしようと適応してくれることがあります。これが脳の代償機能です。

シスター・メアリーの場合も、認知症による脳の委縮に耐えるため、脳の他の部分が頑張ってくれたのかもしれません。

脳を鍛えるということ

脳を鍛えることは、認知症に侵されても症状を発生させず、天命を全うするまで気づかないでいられる可能性を持っています。

認知症はまだまだ原因がはっきりせず、誰もが侵される可能性のある病ですが、例え侵されてもシスター・メアリーのように自分を保ったまま天命を全うするケースもあるのです。

なるかどうかもわからない認知症の予防をするのはなかなかモチベーションも保てませんが、楽しみながらクイズ、パズルを解く時間を作るくらいでも十分に効果があります。

このサイトの他、私の作成した複数のサイトに脳を鍛えるクイズが載っています。お暇な時にでも是非やってみてください。
IQ脳.net 他。

[ 一覧に戻る ] [ トップページ ]





認知症基礎知識と情報

認知症についてまとめました。
新しい情報や対処法など様々な情報を随時更新していきます。

脳血管性認知症予防

脳血管性認知症についてまとめました。
突然の発症が怖い病気。予備知識としてぜひご覧下さい。

転倒・骨折と認知症

転倒による骨折から長期入院や寝たきりとなり、認知症になる方が多数います。ポイントは・・・。

糖尿病と認知症

糖尿病はそれ単体で認知症になる危険性があります。
正しい知識で糖尿病を防ぎましょう。

糖尿病予防で認知症予防

どんなに節約していても、怖いのが突然の病気等による出費です。
シニアの為の保険についてご紹介します。

レクリエーションプリントで脳活性化

シニアレク会館(姉妹サイト)に、無料で使えるパズルプリントが多くあります。

ボケ防止クイズ&ゲームで認知症予防

辞書ゲーム 思い出しゲーム ブロック途中経過推理ゲーム 漢字ばらばらゲーム 瞬間記憶脳刺激ゲーム 違うところ探しクイズ ダジャレを考えようゲーム

百人一首を書く 一覧

計算問題(足し算問題)他の問題へのリンクも


毎日の「アレコレ」を認知症予防体操にチェンジ

 料理編 食事編 テレビ編 ケイタイ編 一覧

お気に入りに追加




認知症予防脳トレパズル
認知症予防脳トレパズル
認知症予防脳トレパズル
認知症予防脳トレパズル
認知症予防脳トレパズル
認知症予防脳トレパズル
認知症予防脳トレパズル
認知症予防脳トレパズル

 ▼ 姉妹サイト
認知症予防脳トレパズル
認知症予防脳トレパズル
認知症予防脳トレパズル
認知症予防脳トレパズル
認知症の仕組みはまだわかっていません。ただ、脳は使えば使うほど、良い刺激を与えれば与えるほど活性化し成長します。脳は何歳になっても成長することがわかっています。認知症の予防の為にも脳は積極的に使っていきたいですね。