ボケ防止と認知症予防情報サイト。脳トレで脳若返り、健康寿命を延ばす情報等。


トップページ
サイトマップ

認知症予防、介護・認知症情報、シニアの健康情報、脳トレパズル



サイト管理者の本がアマゾン「仕事術・整理法」ランキング1位獲得です!『論理的思考力を鍛える33の思考実験』是非ご覧ください^^!
★お勧め姉妹サイト シニアレク会館(脳トレプリントDL)


恐怖の暗殺脂肪酸…トランス脂肪酸と認知症

トランス脂肪酸という言葉を耳にしたことがあると思います。マーガリンなどに多く含まれるもので、身体に重大なダメージを与えます。

諸外国ではすでにトランス脂肪酸の規制が厳しく行われており、トランス脂肪酸を含む食品の販売を禁止するところまであります。多くの国ではトランス脂肪酸の表示を義務化しており、トランス脂肪酸を2%以上含む食品は販売できないなどの措置をとっています。

トランス脂肪酸によるダメージ

トランス脂肪酸とは体にプラスになることは一切せず、重大な悪さをする脂肪で、「狂った脂肪酸」などとも呼ばれています。

具体的には悪玉コレステロール増加により血管の壁を劣化させ、プラークというかたまりが出来ることで血管を細くしてしまいます。

心筋梗塞等、心臓の疾患の原因となり、さらに脳の血管にも悪影響を及ぼすことから認知症の原因になることが分かっています。

トランス脂肪酸が含まれる食品

マーガリンはトランス脂肪酸のカタマリと思えるほど多くのトランス脂肪酸を含んでいます。諸外国が2%以上含む食品は販売できない等と言っているときになんと約15%ものトランス脂肪酸が含まれているのです。
これでは食べるプラスチックなどと言われても仕方がありません。
マーガリンは常温で保存しても何年たっても腐ることがなく、ネズミもかじらなければ生き物が卵を産むこともないのです。つまり、人以外からは食べ物と認識されることさえないわけです。

この他、トランス脂肪酸はパンや油を使う様々な加工食品に含まれています。

日本ではなぜ規制がないのか

日本人は欧米等と比べるともともとトランス脂肪酸を含む食品の摂取量が少ないことが主な理由のようです。
トランス脂肪酸の摂取量は全食品から1%未満とすることを世界は推奨しています。日本はそれに満たないことから制限が見送られてきました。(だからと言って表示は義務付けてほしいような気がしますが。)

パンを主食とする欧米では、パンにマーガリンやバターをつける食事を毎日続けてしまうことで多くのトランス脂肪酸を摂取してしまいます。結果、健康への被害が重大になることに危機感を感じ、規制を始めたのです。もうずいぶん前の話です(2002年や2005年等)。

しかし、日本にもパンを主食とする人はいますし、最近ではトランス脂肪酸の摂取量が増えてきているといいます。問題の1%を超える人も増えてきており、制限が必要な状況になってきています。それでもなお制限を設けないのは…それによって様々な食品の売れ行きが左右されることになり、これらを販売する企業に影響が出るからというもので、国民の健康なんてあまり考えていないようです。こうなると、自分の身は自分で守る、しかないというわけですね。


[ 一覧に戻る ] [ トップページ ]





認知症基礎知識と情報

認知症についてまとめました。
新しい情報や対処法など様々な情報を随時更新していきます。

脳血管性認知症予防

脳血管性認知症についてまとめました。
突然の発症が怖い病気。予備知識としてぜひご覧下さい。

転倒・骨折と認知症

転倒による骨折から長期入院や寝たきりとなり、認知症になる方が多数います。ポイントは・・・。

糖尿病と認知症

糖尿病はそれ単体で認知症になる危険性があります。
正しい知識で糖尿病を防ぎましょう。

糖尿病予防で認知症予防

どんなに節約していても、怖いのが突然の病気等による出費です。
シニアの為の保険についてご紹介します。

レクリエーションプリントで脳活性化

シニアレク会館(姉妹サイト)に、無料で使えるパズルプリントが多くあります。

ボケ防止クイズ&ゲームで認知症予防

辞書ゲーム 思い出しゲーム ブロック途中経過推理ゲーム 漢字ばらばらゲーム 瞬間記憶脳刺激ゲーム 違うところ探しクイズ ダジャレを考えようゲーム

百人一首を書く 一覧

計算問題(足し算問題)他の問題へのリンクも


毎日の「アレコレ」を認知症予防体操にチェンジ

 料理編 食事編 テレビ編 ケイタイ編 一覧

お気に入りに追加




認知症予防脳トレパズル
認知症予防脳トレパズル
認知症予防脳トレパズル
認知症予防脳トレパズル
認知症予防脳トレパズル
認知症予防脳トレパズル
認知症予防脳トレパズル
認知症予防脳トレパズル

 ▼ 姉妹サイト
認知症予防脳トレパズル
認知症予防脳トレパズル
認知症予防脳トレパズル
認知症予防脳トレパズル
認知症の仕組みはまだわかっていません。ただ、脳は使えば使うほど、良い刺激を与えれば与えるほど活性化し成長します。脳は何歳になっても成長することがわかっています。認知症の予防の為にも脳は積極的に使っていきたいですね。