ボケ防止と認知症予防情報サイト。脳トレで脳若返り、健康寿命を延ばす情報等。


トップページ
サイトマップ

認知症予防、介護・認知症情報、シニアの健康情報、脳トレパズル



サイト管理者の本がアマゾン「仕事術・整理法」ランキング1位獲得です!『論理的思考力を鍛える33の思考実験』是非ご覧ください^^!
★お勧め姉妹サイト シニアレク会館(脳トレプリントDL)


アルツハイマー型認知症を改善する7つの危険因子

「アルツハイマー型認知症は、原因不明で起こる難病である。」から、「アルツハイマー型認知症は、生活習慣を見直すことで予防できる病である」に変わろうとしているのかもしれません。

米カリフォルニア大学のDeborah Barnes氏らによる研究では、アルツハイマー病には、生活習慣上による7つの因子が深くかかわっているという発表をしました。
この発表はパリで開かれたアルツハイマー協会国際会議で行われたもので、このような驚きの発表が相次いで発表されたといいます。

認知症を取り巻く環境は確実に変化していますね。

改善可能な7つの危険因子とは

アルツハイマー型認知症の危険因子は、影響の多い順に、下記のような並びとなります。
低学歴(19%)、喫煙(14%)、低身体運動量(13%)、うつ病(10%)、中年期の高血圧(5%)、糖尿病(2.4%)、肥満(2%)
ただ、アメリカに限ると、低身体運動量、肥満の割合が上がるなど、お国柄によって7因子の危険度は異なります。

この7つを見ると、低学歴を除けば、他の病気でも頻繁に目にする病気や生活習慣が並びます。
脳に直接刺激を与える、知識(低学歴)や運動(低身体運動量)の危険度が高いのがこの病気の特徴と言えるでしょう。

認知症予防に気を付けなけれバいけないのは

今回の発表を見ると、今までこのサイトで何度か書いてきた「脳トレ、運動、バランスの良い食事」この3つがアルツハイマー型認知症予防に効果的、ということが、改めて示されたという内容でした。

また、他の発表では、心理的なストレスが認知症を招くというものがあったようです(上記7つのうつ病に通じますね)。トラウマが強いストレスとなっていたり、日々強いストレスを感じているなら、その解決に真剣に取り組むのも大切ですね。なかなか難しいことですが、心のリラックスに何が必要かを考えて自分なりに取り入れてみるのもよいことだと思います。


[ 一覧に戻る ] [ トップページ ]





認知症基礎知識と情報

認知症についてまとめました。
新しい情報や対処法など様々な情報を随時更新していきます。

脳血管性認知症予防

脳血管性認知症についてまとめました。
突然の発症が怖い病気。予備知識としてぜひご覧下さい。

転倒・骨折と認知症

転倒による骨折から長期入院や寝たきりとなり、認知症になる方が多数います。ポイントは・・・。

糖尿病と認知症

糖尿病はそれ単体で認知症になる危険性があります。
正しい知識で糖尿病を防ぎましょう。

糖尿病予防で認知症予防

どんなに節約していても、怖いのが突然の病気等による出費です。
シニアの為の保険についてご紹介します。

レクリエーションプリントで脳活性化

シニアレク会館(姉妹サイト)に、無料で使えるパズルプリントが多くあります。

ボケ防止クイズ&ゲームで認知症予防

辞書ゲーム 思い出しゲーム ブロック途中経過推理ゲーム 漢字ばらばらゲーム 瞬間記憶脳刺激ゲーム 違うところ探しクイズ ダジャレを考えようゲーム

百人一首を書く 一覧

計算問題(足し算問題)他の問題へのリンクも


毎日の「アレコレ」を認知症予防体操にチェンジ

 料理編 食事編 テレビ編 ケイタイ編 一覧

お気に入りに追加




認知症予防脳トレパズル
認知症予防脳トレパズル
認知症予防脳トレパズル
認知症予防脳トレパズル
ちょこっと健康メモ
認知症予防脳トレパズル
認知症予防脳トレパズル
認知症予防脳トレパズル
認知症予防脳トレパズル

 ▼ 姉妹サイト
認知症予防脳トレパズル
認知症予防脳トレパズル
認知症予防脳トレパズル
認知症予防脳トレパズル
認知症の仕組みはまだわかっていません。ただ、脳は使えば使うほど、良い刺激を与えれば与えるほど活性化し成長します。脳は何歳になっても成長することがわかっています。認知症の予防の為にも脳は積極的に使っていきたいですね。