ボケ防止と認知症予防情報サイト。脳トレで脳若返り、健康寿命を延ばす情報等。


トップページ
サイトマップ

認知症予防、介護・認知症情報、シニアの健康情報、脳トレパズル



サイト管理者の本がアマゾン「仕事術・整理法」ランキング1位獲得です!『論理的思考力を鍛える33の思考実験』是非ご覧ください^^!
★お勧め姉妹サイト シニアレク会館(脳トレプリントDL)


バイリンガルは認知症の発症が5年遅くなる

バイリンガル、2つ以上の言語を話す人の認知症の発症年齢が、そうでない人の平均より5年遅いという研究結果がカナダで発表されました(2010)。
その後、2013年には、インドの研究で、バイリンガルであれば、読み書きが出来なくても認知症発症年齢が4.5年遅れるということが発表されました。
※バイリンガルであっても、普段から2語を話しているわけではない人はここには含まれません。

認知症にならないわけではない

バイリンガルが認知症の予防になるわけではありません。認知症の発症を5年遅らせることが出来ます。
どういうことかというと、脳のスキャン映像を見ると、双方とも認知症の特徴を示す病的な状態になっていても、バイリンガルの人は症状が出にくい、ということです。
症状が出ないことには認知症とは言えません。

なぜ症状が出ないのか

計算がとても得意だった人は、認知症になっても計算は得意のままで、その部分の脳力は長い間保たれます。
認知症になれば「できること」が減っていきますが、本人の得意なものは失われにくいのです。

バイリンガルの人は2語を操るために脳のいろいろな部分を1語の人に比べて活発に使わなければなりません。
その結果、脳の神経回路(脳の細胞同士の情報のやり取りをする回路)があちこちで発達し、認知症になって脳の細胞が多く破壊されても、発達した神経回路がそれを支え、1つ1つの脳細胞を効果的に使うことで、認知症の症状が出にくいのだと思われます。

バイリンガルになったほうがいいのか

「認知症の発症を遅らせる」という目的で言語を無理して習得するのは効果が薄くお勧めできません。脳はストレスに弱いですから、好きで習得するのであればよいですが、いやいややるのであれば逆効果です。
苦労して英語やその他の言語を身に着けても、日常的に使う立場にないのなら効果は得られません。
もちろん、言語の習得は脳の様々な部分を使いますので、脳活性化に良く、言語の習得そのものは認知症予防に効果的と言えるでしょう。

[ 一覧に戻る ] [ トップページ ]





認知症基礎知識と情報

認知症についてまとめました。
新しい情報や対処法など様々な情報を随時更新していきます。

脳血管性認知症予防

脳血管性認知症についてまとめました。
突然の発症が怖い病気。予備知識としてぜひご覧下さい。

転倒・骨折と認知症

転倒による骨折から長期入院や寝たきりとなり、認知症になる方が多数います。ポイントは・・・。

糖尿病と認知症

糖尿病はそれ単体で認知症になる危険性があります。
正しい知識で糖尿病を防ぎましょう。

糖尿病予防で認知症予防

どんなに節約していても、怖いのが突然の病気等による出費です。
シニアの為の保険についてご紹介します。

レクリエーションプリントで脳活性化

シニアレク会館(姉妹サイト)に、無料で使えるパズルプリントが多くあります。

ボケ防止クイズ&ゲームで認知症予防

辞書ゲーム 思い出しゲーム ブロック途中経過推理ゲーム 漢字ばらばらゲーム 瞬間記憶脳刺激ゲーム 違うところ探しクイズ ダジャレを考えようゲーム

百人一首を書く 一覧

計算問題(足し算問題)他の問題へのリンクも


毎日の「アレコレ」を認知症予防体操にチェンジ

 料理編 食事編 テレビ編 ケイタイ編 一覧

お気に入りに追加




認知症予防脳トレパズル
認知症予防脳トレパズル
認知症予防脳トレパズル
認知症予防脳トレパズル
認知症予防脳トレパズル
認知症予防脳トレパズル
認知症予防脳トレパズル
認知症予防脳トレパズル

 ▼ 姉妹サイト
認知症予防脳トレパズル
認知症予防脳トレパズル
認知症予防脳トレパズル
認知症予防脳トレパズル
認知症の仕組みはまだわかっていません。ただ、脳は使えば使うほど、良い刺激を与えれば与えるほど活性化し成長します。脳は何歳になっても成長することがわかっています。認知症の予防の為にも脳は積極的に使っていきたいですね。