ボケ防止と認知症予防情報サイト。脳トレで脳若返り、健康寿命を延ばす情報等。


トップページ
サイトマップ

認知症予防、介護・認知症情報、シニアの健康情報、脳トレパズル



★お勧め姉妹サイト シニアレク会館(脳トレプリントDL)

ラーメン、うどん、丼ものは認知症になる食べ物

認知症になる食べ物があります。
それは、糖質を多分に含む食べ物、塩分、脂過多な食べ物です。

糖質は、脳内に発生する認知症の原因とされているベータアミロイドを分解する酵素の活動を阻害します。
糖質の処理にこの酵素が使われるため、ベータアミロイドの蓄積を防ぐまで手が回らなくなるのです。

塩分、脂過多は血管年齢を押し上げ、血管型認知症へのリスクを高めます。

3拍子揃ったラーメンや牛丼、天丼などなどは、認知症リスクを高める料理と言っていいでしょう。
お菓子みたいに甘くはないよ、と言われるかもしれませんが、糖質は炭水化物が該当します。炭水化物は体内でブドウ糖に代わります。
それぞれ、麺や米など、多分な炭水化物を含み、さらに食べやすいのでどんどん食べてしまいます。

それでも食べたい!どうすればいいのか

好きな人は毎日でも食べてしまうこれらの食事。ふり返れば炭水化物や油もの、塩分をし〜っかり取りすぎていませんか?

ラーメンを食べないくらいならちょっとくらいリスクが上がっても関係ないし、食べたい物食べたいだけ食べたい!と思ってしまいそうです。しかしそれではリスクは上がりっぱなし。認知症以外にも様々な病のリスクを押し上げてしまいます。

それでも食べたい…

そんな時は、なるべく体に悪くないように食べる、「食べかた」を工夫します。

体への悪影響を抑える食べ方とは

まずは、悪影響を抑えるクッションの役目をしてくれる食物繊維を食べます。揚げ物に添えられている野菜とか、スープとか、そんなものから食べ始めます。こうすることで、血糖値の上昇を緩やかにしてくれます。
もう一つ、よく噛むことです。よく噛むことで、食べる速度が減るので、結果、血糖値の上昇は緩やかになります。

さらに、水分をしっかりと取るようにします。塩分が多い食事の後は喉が渇きますよね。体は血中の塩分濃度を調節しようとしているのです。この体のサインが出る前に、普段から塩分に負けないだけ水分を取っておくことで、危険度を下げることが可能です。

そして何より、ラーメンや丼ものなどを食べる量、回数を減らすことですね。我慢しすぎも良くないですし、食べたいもはやっぱり食べる。ただしバランスを考えて昨日ラーメンなら今日は魚の定食にしよう、などといろんなものを食べる、というくらいでいいのではないでしょうか。

[ 一覧に戻る ] [ トップページ ]





認知症基礎知識と情報

認知症についてまとめました。
新しい情報や対処法など様々な情報を随時更新していきます。

脳血管性認知症予防

脳血管性認知症についてまとめました。
突然の発症が怖い病気。予備知識としてぜひご覧下さい。

転倒・骨折と認知症

転倒による骨折から長期入院や寝たきりとなり、認知症になる方が多数います。ポイントは・・・。

糖尿病と認知症

糖尿病はそれ単体で認知症になる危険性があります。
正しい知識で糖尿病を防ぎましょう。

糖尿病予防で認知症予防

どんなに節約していても、怖いのが突然の病気等による出費です。
シニアの為の保険についてご紹介します。

レクリエーションプリントで脳活性化

シニアレク会館(姉妹サイト)に、無料で使えるパズルプリントが多くあります。

ボケ防止クイズ&ゲームで認知症予防

辞書ゲーム 思い出しゲーム ブロック途中経過推理ゲーム 漢字ばらばらゲーム 瞬間記憶脳刺激ゲーム 違うところ探しクイズ ダジャレを考えようゲーム

百人一首を書く 一覧

計算問題(足し算問題)他の問題へのリンクも


毎日の「アレコレ」を認知症予防体操にチェンジ

 料理編 食事編 テレビ編 ケイタイ編 一覧

お気に入りに追加




認知症予防脳トレパズル
認知症予防脳トレパズル
認知症予防脳トレパズル
認知症予防脳トレパズル
認知症予防脳トレパズル
認知症予防脳トレパズル
認知症予防脳トレパズル
認知症予防脳トレパズル

 ▼ 姉妹サイト
認知症予防脳トレパズル
認知症予防脳トレパズル
認知症予防脳トレパズル
認知症予防脳トレパズル
認知症の仕組みはまだわかっていません。ただ、脳は使えば使うほど、良い刺激を与えれば与えるほど活性化し成長します。脳は何歳になっても成長することがわかっています。認知症の予防の為にも脳は積極的に使っていきたいですね。