ボケ防止と認知症予防情報サイト。脳トレで脳若返り、健康寿命を延ばす情報等。


トップページ
サイトマップ

認知症予防、介護・認知症情報、シニアの健康情報、脳トレパズル



サイト管理者の本がアマゾン「仕事術・整理法」ランキング1位獲得です!『論理的思考力を鍛える33の思考実験』是非ご覧ください^^!
★お勧め姉妹サイト シニアレク会館(脳トレプリントDL)


認知症患者は世界で4400万人。37年後には1億3500万人に

国際アルツハイマー病協会(Alzheimer's Disease International、ADI)の発表では、認知症患者数世界で4400万人(2013/12月)に上ります。
2013年7月に書いた記事では、世界保健機関(WHO)の発表で3500万人でしたから、随分増加しています。
調べた機関が違うので、誤差はあるにせよ、4400万人は驚きの数字です。
しかしさらに驚くべきは日本では460万人以上の認知症患者がいるのですから、実に世界の認知症患者数の10分の1が日本人であるという計算になります。

おそらく、統計が取れていなかったり、日本と調べ方が違うなどして世界の認知症患者は実際はもっと多いのではないかと推測しますが、世界もこれからもっと高齢化社会が進んでいきます。認知症の問題は世界規模で無視できない問題になってきているのです。

2050年には世界の認知症患者数は1億3500万人に

国際アルツハイマー病協会は、2050年には世界の認知症患者数は1億3500万人に達すると推測しています。あと37年で今の3倍に膨れ上がるということです。
認知症患者数は過去3年間で22%も増加しており、このまま高齢化が進むことを考えると上記のような予想が導き出されるようです。

2013年12月11日に初めて認知症サミット(英国、カナダ、フランス、ドイツ、イタリア、日本、ロシア、米国により世界規模での認知症対策が話し合われる)が行われます。世界規模で認知症対策が加速していけば、認知症を取り巻く環境も変化していくはずです。

(2013/12/08)

[ 一覧に戻る ] [ トップページ ]





認知症基礎知識と情報

認知症についてまとめました。
新しい情報や対処法など様々な情報を随時更新していきます。

脳血管性認知症予防

脳血管性認知症についてまとめました。
突然の発症が怖い病気。予備知識としてぜひご覧下さい。

転倒・骨折と認知症

転倒による骨折から長期入院や寝たきりとなり、認知症になる方が多数います。ポイントは・・・。

糖尿病と認知症

糖尿病はそれ単体で認知症になる危険性があります。
正しい知識で糖尿病を防ぎましょう。

糖尿病予防で認知症予防

どんなに節約していても、怖いのが突然の病気等による出費です。
シニアの為の保険についてご紹介します。

レクリエーションプリントで脳活性化

シニアレク会館(姉妹サイト)に、無料で使えるパズルプリントが多くあります。

ボケ防止クイズ&ゲームで認知症予防

辞書ゲーム 思い出しゲーム ブロック途中経過推理ゲーム 漢字ばらばらゲーム 瞬間記憶脳刺激ゲーム 違うところ探しクイズ ダジャレを考えようゲーム

百人一首を書く 一覧

計算問題(足し算問題)他の問題へのリンクも


毎日の「アレコレ」を認知症予防体操にチェンジ

 料理編 食事編 テレビ編 ケイタイ編 一覧

お気に入りに追加




認知症予防脳トレパズル
認知症予防脳トレパズル
認知症予防脳トレパズル
認知症予防脳トレパズル
認知症予防脳トレパズル
認知症予防脳トレパズル
認知症予防脳トレパズル
認知症予防脳トレパズル

 ▼ 姉妹サイト
認知症予防脳トレパズル
認知症予防脳トレパズル
認知症予防脳トレパズル
認知症予防脳トレパズル
認知症の仕組みはまだわかっていません。ただ、脳は使えば使うほど、良い刺激を与えれば与えるほど活性化し成長します。脳は何歳になっても成長することがわかっています。認知症の予防の為にも脳は積極的に使っていきたいですね。