ボケ防止と認知症予防情報サイト。脳トレで脳若返り、健康寿命を延ばす情報等。


トップページ
サイトマップ

認知症予防、介護・認知症情報、シニアの健康情報、脳トレパズル



★お勧め姉妹サイト シニアレク会館(脳トレプリントDL)

ありがとうを言う大切さ

認知症患者は、日々介護される中で、プライドや尊厳をたもてなくなっていきます。
自分は社会に必要のない存在だ、迷惑をかけてしまう、指摘されるばかりで自信をもてない、プライドは壊れていく、愛されていない、そんなふうに自分を追いつめてしまいます。

認知症になってもできることはたくさんある

認知症になっても、できることは残されています。特に初期であれば日常のかなり多くのことをこなすことが出来ます。
楽をさせてあげようと、何もかもやってあげるような環境を作るのは本人のできることを奪い、何かをすることで脳を刺激できるというチャンスを失います。さらに、認知症患者は自分が存在している意味を見いだせなくなり、精神的に悪影響を及ぼすでしょう。

認知症患者が伝えたい17のことでは、「仲間の役に立ちたい。励ましあいたい。」「少しの支えでできることがたくさんあります。」「私なりに家族を支えたいことをわかってほしい。」など、人の役に立ちたい、できることをしたい、という本人の気持ちが伝えられています。

認知症になっても、本人は人の役に立ちたいし、家族には楽をしてほしいと願っています。

ありがとうを伝えること

何かをしてくれたなら、ありがとう、としっかり伝え、家族にや社会に必要とされている事を感じてもらうことが大切です。

なかなかそのような機会が作れないなら、例えば、ちょっとさすってもらったり、肩をもんでもらう(力は弱いなど関係なく)など、日常の中で少し助けてもらう環境を作っることで、役に立てたと感じてもらうことが出来るでしょう。
他にも、ゲーム等で一緒に遊んでもらえば、本人の脳刺激にもなり、「おかげで楽しかった、ありがとう」と伝えることもできます。

本人は、してもらうばかりでなく、してあげたいと感じているのです。何かをしてあげて感謝されるのは誰だって気持ちが良いものです。

プライド、尊厳を大切にすることは、認知症の悪化をふせぎ、本人の心の安定にも繋がるでしょう。

[ 一覧に戻る ] [ トップページ ]





認知症基礎知識と情報

認知症についてまとめました。
新しい情報や対処法など様々な情報を随時更新していきます。

脳血管性認知症予防

脳血管性認知症についてまとめました。
突然の発症が怖い病気。予備知識としてぜひご覧下さい。

転倒・骨折と認知症

転倒による骨折から長期入院や寝たきりとなり、認知症になる方が多数います。ポイントは・・・。

糖尿病と認知症

糖尿病はそれ単体で認知症になる危険性があります。
正しい知識で糖尿病を防ぎましょう。

糖尿病予防で認知症予防

どんなに節約していても、怖いのが突然の病気等による出費です。
シニアの為の保険についてご紹介します。

レクリエーションプリントで脳活性化

シニアレク会館(姉妹サイト)に、無料で使えるパズルプリントが多くあります。

ボケ防止クイズ&ゲームで認知症予防

辞書ゲーム 思い出しゲーム ブロック途中経過推理ゲーム 漢字ばらばらゲーム 瞬間記憶脳刺激ゲーム 違うところ探しクイズ ダジャレを考えようゲーム

百人一首を書く 一覧

計算問題(足し算問題)他の問題へのリンクも


毎日の「アレコレ」を認知症予防体操にチェンジ

 料理編 食事編 テレビ編 ケイタイ編 一覧

お気に入りに追加




認知症予防脳トレパズル
認知症予防脳トレパズル
認知症予防脳トレパズル
認知症予防脳トレパズル
認知症予防脳トレパズル
認知症予防脳トレパズル
認知症予防脳トレパズル
認知症予防脳トレパズル

 ▼ 姉妹サイト
認知症予防脳トレパズル
認知症予防脳トレパズル
認知症予防脳トレパズル
認知症予防脳トレパズル
認知症の仕組みはまだわかっていません。ただ、脳は使えば使うほど、良い刺激を与えれば与えるほど活性化し成長します。脳は何歳になっても成長することがわかっています。認知症の予防の為にも脳は積極的に使っていきたいですね。