ボケ防止と認知症予防情報サイト。脳トレで脳若返り、健康寿命を延ばす情報等。


トップページ
サイトマップ

認知症予防、介護・認知症情報、シニアの健康情報、脳トレパズル



★お勧め姉妹サイト シニアレク会館(脳トレプリントDL)

寝たきりの直接原因認知症は2位

日本の65歳以上の要介護者の直接原因は何でしょうか。
厚生労働省の平成22年度の調査結果からご紹介します。

認知症は第2位

介護が必要となった主な原因を要介護度別にみると、要支援者では「関節疾患」が19.4%で最も多く、次いで「高齢による衰弱」が15.2%となっている。要介護者では「脳血管疾患(脳卒中)」が24.1%で最も多く、次いで「認知症」が20.5%となっている。(厚生労働省資料「平成22年国民生活基礎調査の概況」より抜粋)

要支援だけで見ると、認知症は第6位くらいですが、要介護となると跳ね上がり、脳血管疾患の次につけます。
要介護のレベル別にみても、要介護1では脳血管疾患より多く、要介護2〜5までは脳血管疾患に続く2位となっています。
つまり、寝たきりの理由でも2位とという結果となりました。その数は高齢による衰弱よりはるかに多いのです。高齢になると認知症になる確率も格段に上がっていくので、当然の結果なのかもしれません。

それだけ、認知症は家族や本人にかかる負担が大きい病ということです。

要介護認定を受けた人の中で自立人は35%

東京都調布市の資料にある「要介護認定者の認知症自立度と要介護度」という表には、4683人の要介護度と認知症者の割合がまとめられています。(要支援者を含めると5593人)この数字は、平成16年10月の情報を分析の対象としたものです。

この表を元に当サイト管理者が計算した結果によると、要介護認定を受けた人の中で、認知症が認められない自立人は28%です。つまり、要介護認定を受けた人の72%は軽度でも認知症の傾向がみられる、ということになります。さらに、要介護度別に認知症が認められない人の割合を計算すると、下記の結果になりました。
要介護1 自立 49.0%
要介護2 自立 22.8%
要介護3 自立 16.1%
要介護4 自立 7.4%
要介護5 自立 3.5%
介護度が進むにつれ急激に減っていくことがわかります。介護度が進むと、活動の範囲も狭くなりますから、おのずと認知症の危険度も高まるでしょう。

この数字を意識するだけでも状態は違ってくると思います。
積極的に要介護者に話しかけたり、できる活動を用意するなど、要介護者だけでなく、介護する側が意識できることはまだまだあるでしょう。

[ 一覧に戻る ] [ トップページ ]





認知症基礎知識と情報

認知症についてまとめました。
新しい情報や対処法など様々な情報を随時更新していきます。

脳血管性認知症予防

脳血管性認知症についてまとめました。
突然の発症が怖い病気。予備知識としてぜひご覧下さい。

転倒・骨折と認知症

転倒による骨折から長期入院や寝たきりとなり、認知症になる方が多数います。ポイントは・・・。

糖尿病と認知症

糖尿病はそれ単体で認知症になる危険性があります。
正しい知識で糖尿病を防ぎましょう。

糖尿病予防で認知症予防

どんなに節約していても、怖いのが突然の病気等による出費です。
シニアの為の保険についてご紹介します。

レクリエーションプリントで脳活性化

シニアレク会館(姉妹サイト)に、無料で使えるパズルプリントが多くあります。

ボケ防止クイズ&ゲームで認知症予防

辞書ゲーム 思い出しゲーム ブロック途中経過推理ゲーム 漢字ばらばらゲーム 瞬間記憶脳刺激ゲーム 違うところ探しクイズ ダジャレを考えようゲーム

百人一首を書く 一覧

計算問題(足し算問題)他の問題へのリンクも


毎日の「アレコレ」を認知症予防体操にチェンジ

 料理編 食事編 テレビ編 ケイタイ編 一覧

お気に入りに追加




認知症予防脳トレパズル
認知症予防脳トレパズル
認知症予防脳トレパズル
認知症予防脳トレパズル
認知症予防脳トレパズル
認知症予防脳トレパズル
認知症予防脳トレパズル
認知症予防脳トレパズル

 ▼ 姉妹サイト
認知症予防脳トレパズル
認知症予防脳トレパズル
認知症予防脳トレパズル
認知症予防脳トレパズル
認知症の仕組みはまだわかっていません。ただ、脳は使えば使うほど、良い刺激を与えれば与えるほど活性化し成長します。脳は何歳になっても成長することがわかっています。認知症の予防の為にも脳は積極的に使っていきたいですね。