ボケ防止と認知症予防情報サイト。脳トレで脳若返り、健康寿命を延ばす情報等。


トップページ
サイトマップ

認知症予防、介護・認知症情報、シニアの健康情報、脳トレパズル



サイト管理者の本がアマゾン「仕事術・整理法」ランキング1位獲得です!『論理的思考力を鍛える33の思考実験』是非ご覧ください^^!
★お勧め姉妹サイト シニアレク会館(脳トレプリントDL)


軽度認知障害(MCI)とは

軽度認知障害(Mild Cognitive Impairment)とは、認知症にはなっていませんが、健常者と比べると主に記憶機能が異常なレベルで衰えている状態のことです。
それでも、日常生活は通常どおり送ることができる状態で、生活は自立しています。

将来、認知症に移行する確率が高い

軽度認知障害は、4年後に半数の方が認知症に移行すると言われています。軽度認知障害は認知症の予備軍であり、前段階と考えられるでしょう。
このことから、軽度認知障害は、認知症予防の観点から注目されており、この段階から治療をすることにより、認知症への移行を食い止めたり、認知症になるのを遅らせたりということが可能と考えられています。

軽度認知障害の症状とは

認知症の前段階ということから、認知症に似た症状があります。

以下のような症状がある場合は、軽度認知障害が疑われます。

・記憶力の衰えを強く感じる
テレビを見ていて、「この人誰だっけ?」とか、クイズ問題をみて、「あ、絶対習ったのにな、思い出せないもんだな」というレベルは通常の物忘れで、あまりに多すぎる場合を除き何の心配もありません。
しかし、食べたにもかかわらず「昨日夕食食べたっけ?」とか、「先週どこかに出かけたっけ?」といった、出来事を丸ごと忘れているような物忘れは危険な物忘れです。

・自分に自信が持てない
軽度認知障害になると、記憶力が低下し、また並行作業(複数のことを同時にこなす)事が苦手になるので、自信を失っていきます。そのため、人に頼ることが目立つようになります。
自分から行動が起こしにくくなり、何かを言われるのを待つようになったり、ぼーっとすることも多くなります。

・思い込みが激しい
一度思い込むとなかなかそれを正すことが出来なくなります。記憶障害が出ることが不安が増し、だまされまいとする反動や被害妄想が膨らむことや、新しいことが覚えられなくなったことにより、昔の記憶に頼ろうとする思考が思い込みを強くしていると考えられます。

・簡単な計算ができなくなる
例えば、3〜4個の商品の総額を大体いくらくらいか計算するという場合、まず2個の価格を計算してから残りを足していきますね。その時、いったん加算した総額を記憶してから次を計算します。その「一度記憶しておく」という作業が難しくなるため、簡単な計算も難しくなっていきます。

・複数のことを同時にこなすことが難しい
例えば、お湯を沸かしながら野菜を切り、沸いたお湯に野菜を投入して、ゆでている間にソースを作り…と、料理は様々な工程を同時に次々とこなさなければいけません。最近、食事のメニューのレパートリーが減ってきたなと感じたら、この症状を疑ってみてもよいかもしれません。
この他、会話をしながら新聞を読み合間にコーヒーを飲んだり、外の洗濯物を気にしながらテレビを見つつ編み物をしたり、と、普段当たり前のようにしていることがしにくくなっていきます。

もし、軽度認知障害を疑う状態と感じたら、迷わず病院で診察を受けたほうが賢明でしょう。日本には2013年の調査で400万人の軽度認知障害の患者がいるという推計が出されています。認知症は本人も家族も非常につらい病気です。それを予防出来たり、発症を遅らせることができる可能性をみすみす見逃してしまうと後で後悔することになるかもしれません。

→ 認知症の前段階、前認知症の症状とは

[ トップページ ]





認知症基礎知識と情報

認知症についてまとめました。
新しい情報や対処法など様々な情報を随時更新していきます。

脳血管性認知症予防

脳血管性認知症についてまとめました。
突然の発症が怖い病気。予備知識としてぜひご覧下さい。

転倒・骨折と認知症

転倒による骨折から長期入院や寝たきりとなり、認知症になる方が多数います。ポイントは・・・。

糖尿病と認知症

糖尿病はそれ単体で認知症になる危険性があります。
正しい知識で糖尿病を防ぎましょう。

糖尿病予防で認知症予防

どんなに節約していても、怖いのが突然の病気等による出費です。
シニアの為の保険についてご紹介します。

レクリエーションプリントで脳活性化

シニアレク会館(姉妹サイト)に、無料で使えるパズルプリントが多くあります。

ボケ防止クイズ&ゲームで認知症予防

辞書ゲーム 思い出しゲーム ブロック途中経過推理ゲーム 漢字ばらばらゲーム 瞬間記憶脳刺激ゲーム 違うところ探しクイズ ダジャレを考えようゲーム

百人一首を書く 一覧

計算問題(足し算問題)他の問題へのリンクも


毎日の「アレコレ」を認知症予防体操にチェンジ

 料理編 食事編 テレビ編 ケイタイ編 一覧

お気に入りに追加




認知症予防脳トレパズル
認知症予防脳トレパズル
認知症予防脳トレパズル
認知症予防脳トレパズル
認知症予防脳トレパズル
認知症予防脳トレパズル
認知症予防脳トレパズル
認知症予防脳トレパズル

 ▼ 姉妹サイト
認知症予防脳トレパズル
認知症予防脳トレパズル
認知症予防脳トレパズル
認知症予防脳トレパズル
認知症の仕組みはまだわかっていません。ただ、脳は使えば使うほど、良い刺激を与えれば与えるほど活性化し成長します。脳は何歳になっても成長することがわかっています。認知症の予防の為にも脳は積極的に使っていきたいですね。