ボケ防止と認知症予防情報サイト。脳トレで脳若返り、健康寿命を延ばす情報等。


トップページ
サイトマップ

認知症予防、介護・認知症情報、シニアの健康情報、脳トレパズル



★お勧め姉妹サイト シニアレク会館(脳トレプリントDL)

認知症患者の「記憶」の変化

認知症と聞くと、ただ漠然と記憶がだんだんなくなっていく病気とイメージする方も多いと思います。
実際、認知症の方はどのように記憶が無くなっていくのか、残りやすい記憶は何なのかを書いておきます。

記憶とは、新しい記憶を取り込み、脳に保存し、必要に応じて脳から取り出すのですが、認知症患者はそのすべてに支障をきたします。

まず失われるのは最近のこと

認知症の方は、「新しいことを記憶する能力」がまず弱まってきます。

例えば、「食事をした」という直近の出来事を覚えられず、「ご飯まだ?」と言います。今聞いていたラジオや音楽を覚えておらず「今の番組面白かったね」と言っても「何の話?」となります。

食事の前に薬を飲んでね。と伝え、何度も確認をしたとしても、薬を飲むことを忘れてしまいます。新しいことを覚えていられないのです。この時、隣で「薬飲み忘れていますよ」と言うと、「あ、そうだそうだ」と思い出します。「薬飲み忘れていますよ」という言葉が「必要に応じて脳から記憶を取り出す(脳の記憶を再生する能力)」のを助けたからです。

昔の記憶は残りやすい

認知症が進んでも、割と昔のことは覚えています。認知症により記憶を失うのは最近のことから順にさかのぼるそうです。なので、認知症の早期発見のための問診も、最近のことを尋ねると言います。
→ [関連] たった1つの質問で認知症かどうかが分かる?

若かったころの記憶は残りやすく、介護者が「昔○○だったんですよね。」「若いころの話を聞かせてください」などと訪ねると嬉しそうに話し出す方も多いとか。ただし、話が長〜くなりがちな質問ですから、時間と心に余裕のあるときでないと厳しいかもしれませんね。

[ トップページ ]





認知症基礎知識と情報

認知症についてまとめました。
新しい情報や対処法など様々な情報を随時更新していきます。

脳血管性認知症予防

脳血管性認知症についてまとめました。
突然の発症が怖い病気。予備知識としてぜひご覧下さい。

転倒・骨折と認知症

転倒による骨折から長期入院や寝たきりとなり、認知症になる方が多数います。ポイントは・・・。

糖尿病と認知症

糖尿病はそれ単体で認知症になる危険性があります。
正しい知識で糖尿病を防ぎましょう。

糖尿病予防で認知症予防

どんなに節約していても、怖いのが突然の病気等による出費です。
シニアの為の保険についてご紹介します。

レクリエーションプリントで脳活性化

シニアレク会館(姉妹サイト)に、無料で使えるパズルプリントが多くあります。

ボケ防止クイズ&ゲームで認知症予防

辞書ゲーム 思い出しゲーム ブロック途中経過推理ゲーム 漢字ばらばらゲーム 瞬間記憶脳刺激ゲーム 違うところ探しクイズ ダジャレを考えようゲーム

百人一首を書く 一覧

計算問題(足し算問題)他の問題へのリンクも


毎日の「アレコレ」を認知症予防体操にチェンジ

 料理編 食事編 テレビ編 ケイタイ編 一覧

お気に入りに追加




認知症予防脳トレパズル
認知症予防脳トレパズル
認知症予防脳トレパズル
認知症予防脳トレパズル
認知症予防脳トレパズル
認知症予防脳トレパズル
認知症予防脳トレパズル
認知症予防脳トレパズル

 ▼ 姉妹サイト
認知症予防脳トレパズル
認知症予防脳トレパズル
認知症予防脳トレパズル
認知症予防脳トレパズル
認知症の仕組みはまだわかっていません。ただ、脳は使えば使うほど、良い刺激を与えれば与えるほど活性化し成長します。脳は何歳になっても成長することがわかっています。認知症の予防の為にも脳は積極的に使っていきたいですね。