ボケ防止と認知症予防情報サイト。脳トレで脳若返り、健康寿命を延ばす情報等。


トップページ
サイトマップ

認知症予防、介護・認知症情報、シニアの健康情報、脳トレパズル



サイト管理者の本がアマゾン「仕事術・整理法」ランキング1位獲得です!『論理的思考力を鍛える33の思考実験』是非ご覧ください^^!
★お勧め姉妹サイト シニアレク会館(脳トレプリントDL)


老いに逆らう!今注目の若返りポイント(2)

←老いに逆らう!今注目の若返りポイント(1)番組側編
老いに逆らう!今注目の若返りポイント(3)五月みどり編→

この文章は、テレビ東京放送の「たけしのニッポンのミカタ」 2012年10月26日:「老い」にあらがうニッポン人!? を参考に書かれたものです。
サイト管理者の考えや知識も追加されているため、番組をまとめたものとは異なります。

南雲医師による若返りのための3つのポイント

37歳の時57歳に見え、57歳の現在は37歳に見えるという南雲医師。その若返り方法は医学と自分の体験に基づいており、著書はベストセラーとなっています。

1つ目 : 果物の皮
果物の皮には若返り物質が大量に含まれているそうです。南雲医師はリンゴだけでなく、ミカンも皮ごと食べるそうです…!

リンゴは皮をむくとすぐ中身は酸化して色が変わります。それを守っているのは皮なんです。と、なんとなく納得できるようなことを言っていました。皮に若返り物質が含まれているのは事実。ミキサーでジュースにしたりと工夫して摂取したいものです。

とはいっても、農薬がちょっと心配ですから、よく洗ってから皮を食べるのが良さそうですよね。

2つ目 : 睡眠時間は10時〜2時
よく、睡眠のゴールデンタイムのように言われているこの時間。南雲医師もこの時間を口にしました。10時〜2時は若返りホルモンがダクダクとあふれだすそうです。
南雲医師は10時前に眠り、朝は3時に起きるそうです。

3つ目 : お腹が「ぐ〜」、その時ホルモンが分泌
お腹が減って、「ぐ〜」とお腹がなってしまうほどの状態の時、何と若返りホルモンが分泌されているそうです。
それならばお腹がすく前に物を食べてしまうのは勿体ないように感じますね。
この「お腹がすいている時に若返る」は、前回の記事「老いに逆らう!今注目の若返りポイント(1)」で書いた、サルの実験にも関係しています。好きなだけ食べることが出来ないサルは、お腹がすいてしまい、その間に若返りホルモンが分泌されているのです。


「たけしのニッポンのミカタ」による若返りポイントを3つ
70を超えても若さを保つ五月みどりによる3つのポイント


[ トップページ ]





認知症基礎知識と情報

認知症についてまとめました。
新しい情報や対処法など様々な情報を随時更新していきます。

脳血管性認知症予防

脳血管性認知症についてまとめました。
突然の発症が怖い病気。予備知識としてぜひご覧下さい。

転倒・骨折と認知症

転倒による骨折から長期入院や寝たきりとなり、認知症になる方が多数います。ポイントは・・・。

糖尿病と認知症

糖尿病はそれ単体で認知症になる危険性があります。
正しい知識で糖尿病を防ぎましょう。

糖尿病予防で認知症予防

どんなに節約していても、怖いのが突然の病気等による出費です。
シニアの為の保険についてご紹介します。

レクリエーションプリントで脳活性化

シニアレク会館(姉妹サイト)に、無料で使えるパズルプリントが多くあります。

ボケ防止クイズ&ゲームで認知症予防

辞書ゲーム 思い出しゲーム ブロック途中経過推理ゲーム 漢字ばらばらゲーム 瞬間記憶脳刺激ゲーム 違うところ探しクイズ ダジャレを考えようゲーム

百人一首を書く 一覧

計算問題(足し算問題)他の問題へのリンクも


毎日の「アレコレ」を認知症予防体操にチェンジ

 料理編 食事編 テレビ編 ケイタイ編 一覧

お気に入りに追加




認知症予防脳トレパズル
認知症予防脳トレパズル
認知症予防脳トレパズル
認知症予防脳トレパズル
認知症予防脳トレパズル
認知症予防脳トレパズル
認知症予防脳トレパズル
認知症予防脳トレパズル

 ▼ 姉妹サイト
認知症予防脳トレパズル
認知症予防脳トレパズル
認知症予防脳トレパズル
認知症予防脳トレパズル
認知症の仕組みはまだわかっていません。ただ、脳は使えば使うほど、良い刺激を与えれば与えるほど活性化し成長します。脳は何歳になっても成長することがわかっています。認知症の予防の為にも脳は積極的に使っていきたいですね。