ボケ防止と認知症予防情報サイト。脳トレで脳若返り、健康寿命を延ばす情報等。


トップページ
サイトマップ

認知症予防、介護・認知症情報、シニアの健康情報、脳トレパズル



サイト管理者の本がアマゾン「仕事術・整理法」ランキング1位獲得です!『論理的思考力を鍛える33の思考実験』是非ご覧ください^^!
★お勧め姉妹サイト シニアレク会館(脳トレプリントDL)


テレビゲームで脳の衰えを回復 アメリカの実験にて

テレビゲームが脳トレーニングになることは認知されつつありますが、今回、アメリカの実験でさらに具体的に事実が証明されました。

テレビゲームで、「記憶力や論理的思考、視覚処理といった脳の機能の衰退を防いだり、回復させたりすることが可能」。実験はゲーム好きには嬉しい結果となりました。

米オンライン科学誌「プロスワン(PLOS ONE)」で発表された「米アイオワ大学(University of Iowa)の公衆衛生の専門家、フレドリック・ウォリンスキー(Fredric Wolinsky)教授の研究チーム」の実験記事をもとにまとめたものです。

加齢とともに衰える「実行機能」

実行機能とは、物事を記憶したり、注意力を持って行動したり、問題を解決する時に必要となる能力の一つです。認知能力にも深く関係します。
実行機能は加齢で衰えが始まると確実に進行します。ウォリンスキー教授は、「良い知らせは、対処法があること」と、今回の実験の結果に期待を寄せています。

実験で使われたゲームとは

ロード・ツアーというゲームで、「わずかな間だけ表示される車や道路標識の種類を覚えて、次に出題されるクイズに答え、正解率で次のステージに進むゲーム」です。
注意力、集中力を必要とするゲームで、実行機能の衰えを防ぐことに適しているようです。

どのような能力が向上したか

高齢者が車の事故を起こす大きな理由が「視野狭窄」にあり、周囲が見えなくなってしまうことが原因といいます。
ゲームによって脳の処理能力が早くなることで、新しく目に入る情報を的確に処理する能力などが向上するなど、認知能力は平均で約3〜4歳若返ったといいます。

たかが3〜4歳と感じるかもしれませんが、ゲームは10〜14時間程度で、測定は最初の実験日から約1年後であったことを考えると、大きな成果と言えると思います。

ゲームを効果的に使うには

ゲームは脳に良い、毎日長時間同じようなゲームをするのは良いとは言えません。視力低下や、運動能力の低下など、悪い影響が出てくる恐れもあります。

一番良いのはやりすぎず、自分にとって気持ちがいい程度の時間を使って楽しむということです。楽しむ、というのはポイントです。

また、種類はなるべく多様にチャレンジしたり、新鮮な刺激を求めるほうが効果は上がります。ゲームセンターにも、高齢者をターゲットとしたものや、脳とともに体を適度に動かせるゲームが置かれていますから、それらを利用するのも良いでしょう。

【関連記事(サイト内コラム)】
テレビゲームは精神的にも良い!?
ゲームで認知症予防

[ トップページ ]





認知症基礎知識と情報

認知症についてまとめました。
新しい情報や対処法など様々な情報を随時更新していきます。

脳血管性認知症予防

脳血管性認知症についてまとめました。
突然の発症が怖い病気。予備知識としてぜひご覧下さい。

転倒・骨折と認知症

転倒による骨折から長期入院や寝たきりとなり、認知症になる方が多数います。ポイントは・・・。

糖尿病と認知症

糖尿病はそれ単体で認知症になる危険性があります。
正しい知識で糖尿病を防ぎましょう。

糖尿病予防で認知症予防

どんなに節約していても、怖いのが突然の病気等による出費です。
シニアの為の保険についてご紹介します。

レクリエーションプリントで脳活性化

シニアレク会館(姉妹サイト)に、無料で使えるパズルプリントが多くあります。

ボケ防止クイズ&ゲームで認知症予防

辞書ゲーム 思い出しゲーム ブロック途中経過推理ゲーム 漢字ばらばらゲーム 瞬間記憶脳刺激ゲーム 違うところ探しクイズ ダジャレを考えようゲーム

百人一首を書く 一覧

計算問題(足し算問題)他の問題へのリンクも


毎日の「アレコレ」を認知症予防体操にチェンジ

 料理編 食事編 テレビ編 ケイタイ編 一覧

お気に入りに追加




認知症予防脳トレパズル
認知症予防脳トレパズル
認知症予防脳トレパズル
認知症予防脳トレパズル
認知症予防脳トレパズル
認知症予防脳トレパズル
認知症予防脳トレパズル
認知症予防脳トレパズル

 ▼ 姉妹サイト
認知症予防脳トレパズル
認知症予防脳トレパズル
認知症予防脳トレパズル
認知症予防脳トレパズル
認知症の仕組みはまだわかっていません。ただ、脳は使えば使うほど、良い刺激を与えれば与えるほど活性化し成長します。脳は何歳になっても成長することがわかっています。認知症の予防の為にも脳は積極的に使っていきたいですね。