ボケ防止と認知症予防情報サイト。脳トレで脳若返り、健康寿命を延ばす情報等。


トップページ
サイトマップ

認知症予防、介護・認知症情報、シニアの健康情報、脳トレパズル



★お勧め姉妹サイト シニアレク会館(脳トレプリントDL)

お餅がのどに詰まったらやるべきこと

喉に詰まらせる(窒息する)ことで毎年死者が出る食べ物の代表格といえばお餅です。(数だけでいえばご飯やパンのほうが多いですが、これは単純に食べる総量がこちらのほうが多いからでしょう。)

2014年も元旦だけで10人の方が病院に運ばれたそうです。お餅は危ない、その事実を誰もが知っている中で、それでも窒素してしまうのですから、他人ごとではないのかもしれません。

お餅がのどに詰まったらするべきこと

もし、家族のだれかの喉にお餅が詰まった時、あなたは何ができるでしょうか。
その対処法をご紹介します。

まず、本人に「声が出せない?」と尋ねます。これにうなずくようならのどに詰まらせている(窒息している)とみて間違いありません。

本人に咳をさせるなど吐き出すよう促します。それでも無理のようなら、以下のことを行います。

●背部叩打法
本人を少し前かがみにします。本人の後ろ側に行き、アゴを少し上げて喉をそらせ、軌道を確保します。

もう一つの手で背中の肩甲骨の間を強くたたきます。1発目が大事なので、躊躇せず叩きましょう。


●上腹部圧迫法(ハイムリック法)

本人を座らせます。(座位にします。)後ろから、脇の下から腕で抱え込むように両手を回し、片方の手をグーにします。みぞおち(みずおち)のやや下方にグーをあて、もう一方の手でグーを抱え込み、素早く上方に持ち上げるように圧迫します。


●直接手を入れてかきだす
本人の意識がなく、急を要する場合は、直接手を入れて異物を書き出す方法や、掃除機の細いノズルを使って喉の奥までさしこんでスイッチを押す方法もありますが、危険を伴うことを覚悟する必要があります。


無事、息ができるようになったら病院へ行きましょう。細菌の感染が疑われるためです。

お餅をのどに詰まらせないためにできる予防法

[ トップページ ]





認知症基礎知識と情報

認知症についてまとめました。
新しい情報や対処法など様々な情報を随時更新していきます。

脳血管性認知症予防

脳血管性認知症についてまとめました。
突然の発症が怖い病気。予備知識としてぜひご覧下さい。

転倒・骨折と認知症

転倒による骨折から長期入院や寝たきりとなり、認知症になる方が多数います。ポイントは・・・。

糖尿病と認知症

糖尿病はそれ単体で認知症になる危険性があります。
正しい知識で糖尿病を防ぎましょう。

糖尿病予防で認知症予防

どんなに節約していても、怖いのが突然の病気等による出費です。
シニアの為の保険についてご紹介します。

レクリエーションプリントで脳活性化

シニアレク会館(姉妹サイト)に、無料で使えるパズルプリントが多くあります。

ボケ防止クイズ&ゲームで認知症予防

辞書ゲーム 思い出しゲーム ブロック途中経過推理ゲーム 漢字ばらばらゲーム 瞬間記憶脳刺激ゲーム 違うところ探しクイズ ダジャレを考えようゲーム

百人一首を書く 一覧

計算問題(足し算問題)他の問題へのリンクも


毎日の「アレコレ」を認知症予防体操にチェンジ

 料理編 食事編 テレビ編 ケイタイ編 一覧

お気に入りに追加




認知症予防脳トレパズル
認知症予防脳トレパズル
認知症予防脳トレパズル
認知症予防脳トレパズル
認知症予防脳トレパズル
認知症予防脳トレパズル
認知症予防脳トレパズル
認知症予防脳トレパズル

 ▼ 姉妹サイト
認知症予防脳トレパズル
認知症予防脳トレパズル
認知症予防脳トレパズル
認知症予防脳トレパズル
認知症の仕組みはまだわかっていません。ただ、脳は使えば使うほど、良い刺激を与えれば与えるほど活性化し成長します。脳は何歳になっても成長することがわかっています。認知症の予防の為にも脳は積極的に使っていきたいですね。