ボケ防止と認知症予防情報サイト。脳トレで脳若返り、健康寿命を延ばす情報等。


トップページ
サイトマップ

認知症予防、介護・認知症情報、シニアの健康情報、脳トレパズル



★お勧め姉妹サイト シニアレク会館(脳トレプリントDL)

クラウドワーキングと高齢者との相性

クラウドワーキングとは、インターネットを通じて仕事を受注発注する形態の働き方のことです。

仕事の発注者が、インターネットで仕事を受けてくれる人を募集し、受注者(ワーカー)は、自分ができそうな案件があればそれを受注し、仕事をするというもので、これを仲介するサイトが存在します。

クラウドワーキングと高齢者の相性

クラウドワーキングにはいくつかの高齢者に相性が良いとされる利点があります。下記にまとめました。

(1)在宅で仕事ができる
身体に負担の少ない在宅での仕事が多いので、無理せず仕事が出来ます。

(2)自分の経験を活かせる
企業から様々な案件が発注されているので、その中から自分が今までやってきた経験を生かした仕事を選ぶことが出来ます。

(3)未経験でも始められる
未経験でもできる仕事は多いので、経験がなくても仕事を始めることは十分に可能です。最低限必要なのはパソコンで情報をみる、メールをする、くらいの能力です。

(4)定年がない、又は定年が85歳まで等と高齢でも問題がない
クラウドワーキングは高齢になっても仕事をすることが出来ます。定年後、クラウドワーキングで仕事をするということが可能です。

(5)社会とのつながりがある
定年後も社会とつながっていたいという高齢者は多く、クラウドワーキングは仕事の受注を通じて企業と繋がれるので、定年後も社会との繋がりを感じることが出来ます。

(6)収入をもたらす生きがいにできる
定年後は趣味がないと生きがいを探すのが大変です。クラウドワーキングは収入も得られる生きがいとしても注目を集めています。

(7)場所を選ばず仕事ができる
クラウドワーキングで受注する仕事によっては、自宅に限らず、カフェやホテル等、どこでも仕事が可能です。データ入力や記事の作成など、パソコン1つで完結できる仕事も数多くありますので、自分に合った場所で作業ができます。

(8)時間を選ばず仕事ができる
案件にもよりますが、多くの場合、昼間でも、夜間でも、早朝でも、自分がやりたい時間に仕事ができます。

(9)認知症予防にも高い効果
定年後、突然やることを失って、家事もせず趣味も見つけられず家でぼーっとしている、という生活を続けていると認知症になる可能性がぐんと上がってしまいます。
仕事を持つことで脳に適度な緊張感を与え、仕事を完結させるために脳を積極的に使うことで認知症予防に高い効果を発揮します。


クラウドワーキングは注目度が高まっており、仲介サイトもいくつか存在します。中には悪質なものもあるので、見極めも重要です。先にお金を支払う内容(研修・専用機器の購入)等を求められた場合はやめておいた方が無難でしょう。

[ トップページ ]





認知症基礎知識と情報

認知症についてまとめました。
新しい情報や対処法など様々な情報を随時更新していきます。

脳血管性認知症予防

脳血管性認知症についてまとめました。
突然の発症が怖い病気。予備知識としてぜひご覧下さい。

転倒・骨折と認知症

転倒による骨折から長期入院や寝たきりとなり、認知症になる方が多数います。ポイントは・・・。

糖尿病と認知症

糖尿病はそれ単体で認知症になる危険性があります。
正しい知識で糖尿病を防ぎましょう。

糖尿病予防で認知症予防

どんなに節約していても、怖いのが突然の病気等による出費です。
シニアの為の保険についてご紹介します。

レクリエーションプリントで脳活性化

シニアレク会館(姉妹サイト)に、無料で使えるパズルプリントが多くあります。

ボケ防止クイズ&ゲームで認知症予防

辞書ゲーム 思い出しゲーム ブロック途中経過推理ゲーム 漢字ばらばらゲーム 瞬間記憶脳刺激ゲーム 違うところ探しクイズ ダジャレを考えようゲーム

百人一首を書く 一覧

計算問題(足し算問題)他の問題へのリンクも


毎日の「アレコレ」を認知症予防体操にチェンジ

 料理編 食事編 テレビ編 ケイタイ編 一覧

お気に入りに追加




認知症予防脳トレパズル
認知症予防脳トレパズル
認知症予防脳トレパズル
認知症予防脳トレパズル
認知症予防脳トレパズル
認知症予防脳トレパズル
認知症予防脳トレパズル
認知症予防脳トレパズル

 ▼ 姉妹サイト
認知症予防脳トレパズル
認知症予防脳トレパズル
認知症予防脳トレパズル
認知症予防脳トレパズル
認知症の仕組みはまだわかっていません。ただ、脳は使えば使うほど、良い刺激を与えれば与えるほど活性化し成長します。脳は何歳になっても成長することがわかっています。認知症の予防の為にも脳は積極的に使っていきたいですね。