ボケ防止と認知症予防情報サイト。脳トレで脳若返り、健康寿命を延ばす情報等。


トップページ
サイトマップ

認知症予防、介護・認知症情報、シニアの健康情報、脳トレパズル



★お勧め姉妹サイト シニアレク会館(脳トレプリントDL)

インナーマッスルを鍛えて認知症予防

インナーマッスルとは、体の奥にある筋肉のことで、体の姿勢を正しく保ったり、骨や関節などを支える等大切な働きをしています。
しかし、腹筋や太ももの筋肉等、筋トレと聞いてすぐ思い浮かぶような筋肉と違い、鍛え方もよくわかりませんし、普段はあまり意識して使うことがない場所です。
だからこそ、ここを鍛えることによる効果は大きいのです。

2014/05/12放送の「主治医が見つかる診療所」を参考にした記事です。番組をまとめたものではありません。

インナーマッスルを鍛えて認知症予防

運動をすると脳が活性化され、認知症予防にも良いです。筋トレももちろん認知症予防には役立ちます。
その中でも、インナーマッスルは、普段意識して鍛えることがない筋肉ですから、脳にとっても新たなチャレンジになります。運動+新鮮な行動により脳は活性化されます。
さらに、専門家は従来の筋トレより奥にある筋肉を鍛えたほうがはるかに脳の活性化に効果があると言います。

番組で紹介されていたインナーマッスルの鍛え方は簡単なもので、座ったまま腕を肩上付近からをゆっくり上に伸ばし、ゆっくりおろす方法や、立った状態で手を体を支えられる支えに置き、足を真横にゆっくり上げていき、ゆっくりおろすという無理のない動きによるものです。

スキージャンプの葛西選手のトレーナーの方の紹介した方法は、
・寝た状態で膝を立てる
・おへその約1cm下を、1cmほどへこませ、その状態を維持したまま頭をゆっくり起こす
・3秒間へそを見る状態でキープ
というのを5回繰り返すという方法でした。
おへその下にある筋肉は薄く、ここを鍛えるのは効果があるとのことでした。

認知症予防に違う角度からも役立っている

認知症予防には脳を鍛える他にも、血管を丈夫に保ち、脳血管性認知症にならないというのも大切なことです。
インナーマッスルを鍛えるのは、無理のない行動でもできる効果的な運動で、これにより血圧が下がったという結果も出ていると言います。血圧が下がれば血管に与えるダメージが減り、血管年齢を下げることに役立ちます。
また、消化機能が改善したり、筋力が上がることによる基礎代謝の向上で、ダイエットに効果にも効果的だそうです。
認知症の原因の一つである肥満を解消できるという効果も期待できるということですね。

番組で紹介されていたフラダンス等、複数の人で行う楽しみであれば、人とのかかわりを持つというコミュニケーションもプラスされ、脳がより効果的に刺激されるでしょう。

[ トップページ ]





認知症基礎知識と情報

認知症についてまとめました。
新しい情報や対処法など様々な情報を随時更新していきます。

脳血管性認知症予防

脳血管性認知症についてまとめました。
突然の発症が怖い病気。予備知識としてぜひご覧下さい。

転倒・骨折と認知症

転倒による骨折から長期入院や寝たきりとなり、認知症になる方が多数います。ポイントは・・・。

糖尿病と認知症

糖尿病はそれ単体で認知症になる危険性があります。
正しい知識で糖尿病を防ぎましょう。

糖尿病予防で認知症予防

どんなに節約していても、怖いのが突然の病気等による出費です。
シニアの為の保険についてご紹介します。

レクリエーションプリントで脳活性化

シニアレク会館(姉妹サイト)に、無料で使えるパズルプリントが多くあります。

ボケ防止クイズ&ゲームで認知症予防

辞書ゲーム 思い出しゲーム ブロック途中経過推理ゲーム 漢字ばらばらゲーム 瞬間記憶脳刺激ゲーム 違うところ探しクイズ ダジャレを考えようゲーム

百人一首を書く 一覧

計算問題(足し算問題)他の問題へのリンクも


毎日の「アレコレ」を認知症予防体操にチェンジ

 料理編 食事編 テレビ編 ケイタイ編 一覧

お気に入りに追加




認知症予防脳トレパズル
認知症予防脳トレパズル
認知症予防脳トレパズル
認知症予防脳トレパズル
認知症予防脳トレパズル
認知症予防脳トレパズル
認知症予防脳トレパズル
認知症予防脳トレパズル

 ▼ 姉妹サイト
認知症予防脳トレパズル
認知症予防脳トレパズル
認知症予防脳トレパズル
認知症予防脳トレパズル
認知症の仕組みはまだわかっていません。ただ、脳は使えば使うほど、良い刺激を与えれば与えるほど活性化し成長します。脳は何歳になっても成長することがわかっています。認知症の予防の為にも脳は積極的に使っていきたいですね。