ボケ防止と認知症予防情報サイト。脳トレで脳若返り、健康寿命を延ばす情報等。


トップページ
サイトマップ

認知症予防、介護・認知症情報、シニアの健康情報、脳トレパズル



★お勧め姉妹サイト シニアレク会館(脳トレプリントDL)

卵やエビ、イクラ・・コレステロールは気にしなくていい?

コレステロールを気にして卵は1日1個まで。寿司でも海老やイクラを避けている、という方もいるでしょう。しかし、これは意味がないかもしれないことが最近の研究でわかってきました。

アメリカの研究者などによって、コレステロールを多く含む食品を食べたからといって、血中コレステロールが上がるという明確な関係を示す証拠が見つからなかったと報告されたようです。

コレステロールで危険なのは

コレステロール脂質の一種で、は体内で4分の3が作られ、残りの4分の1を食品などから摂取します。

食品からコレステロールを摂取することについて、血中コレステロールに影響を及ぼす証拠がなかったことから、厚生労働省の「日本人の食事摂取基準」目標値でも、コレステロールの制限がなくなるとのことです。(厚生労働省「日本人の食事摂取基準(2015年版)」)

ただし、専門家は善玉、悪玉ともに正常値ならならの話で、異常値の方は医師に相談すべきとしています。

コレステロールを多く含む食品を食べても血中のコレステロールの値は上がらないなら、油っぽいものをたくさん食べてもいい、ということには残念ながらなりません。

単純にコレステロールを多く含む食品なら食べても大丈夫ですが、飽和脂肪酸やトランス脂肪酸を食品から摂取すると、血中コレステロールの値は上昇します。脂っこいものにはそれらが含まれるものが多いので、注意が必要です。
※飽和脂肪酸には一部コレステロールの値を下げるものもあります。

コレステロールを気にしてコレステロールを含む食品を減らす必要はなく、飽和脂肪酸やトランス脂肪酸を含む食品を減らせばよい、ということですね。

[ トップページ ]





認知症基礎知識と情報

認知症についてまとめました。
新しい情報や対処法など様々な情報を随時更新していきます。

脳血管性認知症予防

脳血管性認知症についてまとめました。
突然の発症が怖い病気。予備知識としてぜひご覧下さい。

転倒・骨折と認知症

転倒による骨折から長期入院や寝たきりとなり、認知症になる方が多数います。ポイントは・・・。

糖尿病と認知症

糖尿病はそれ単体で認知症になる危険性があります。
正しい知識で糖尿病を防ぎましょう。

糖尿病予防で認知症予防

どんなに節約していても、怖いのが突然の病気等による出費です。
シニアの為の保険についてご紹介します。

レクリエーションプリントで脳活性化

シニアレク会館(姉妹サイト)に、無料で使えるパズルプリントが多くあります。

ボケ防止クイズ&ゲームで認知症予防

辞書ゲーム 思い出しゲーム ブロック途中経過推理ゲーム 漢字ばらばらゲーム 瞬間記憶脳刺激ゲーム 違うところ探しクイズ ダジャレを考えようゲーム

百人一首を書く 一覧

計算問題(足し算問題)他の問題へのリンクも


毎日の「アレコレ」を認知症予防体操にチェンジ

 料理編 食事編 テレビ編 ケイタイ編 一覧

お気に入りに追加




認知症予防脳トレパズル
認知症予防脳トレパズル
認知症予防脳トレパズル
認知症予防脳トレパズル
認知症予防脳トレパズル
認知症予防脳トレパズル
認知症予防脳トレパズル
認知症予防脳トレパズル

 ▼ 姉妹サイト
認知症予防脳トレパズル
認知症予防脳トレパズル
認知症予防脳トレパズル
認知症予防脳トレパズル
認知症の仕組みはまだわかっていません。ただ、脳は使えば使うほど、良い刺激を与えれば与えるほど活性化し成長します。脳は何歳になっても成長することがわかっています。認知症の予防の為にも脳は積極的に使っていきたいですね。