ボケ防止と認知症予防情報サイト。脳トレで脳若返り、健康寿命を延ばす情報等。


トップページ
サイトマップ

認知症予防、介護・認知症情報、シニアの健康情報、脳トレパズル



サイト管理者の本がアマゾン「仕事術・整理法」ランキング1位獲得です!『論理的思考力を鍛える33の思考実験』是非ご覧ください^^!
★お勧め姉妹サイト シニアレク会館(脳トレプリントDL)


舌の老化は誤嚥性肺炎を招く

舌の老化と聞くとぴんと来ないかもしれませんが、高齢になると誤嚥が増え、物を食べるときむせたり咳き込んだりすることが増えると考えると想像しやすいかと思います。
食べ物が誤って肺に入り込むと誤嚥性肺炎を起こし、死につながる場合もあります。

肺炎は死因第4位ですが、90代以上になると2位に上昇します。その要因の一つがこの誤嚥性肺炎であると考えられます。高齢者の肺炎の7割は誤嚥が関係しているといいます。(一般社団法人日本呼吸器学会より)

誤嚥性肺炎は食べ物を飲み込むときや、胃からの逆流、唾液が入り込んでしまうなど様々ですが、食べ物を飲み込むときに起こる誤嚥性肺炎の原因の一つが舌の老化です。
これは舌の力が弱くなっているために起こる現象で、改善が可能です。

舌の老化とは

舌は筋肉の塊です。普段舌として認識しているものの他、あごのほうまで伸びる実際は結構大きな筋肉の塊なのです。

舌は食べるときに一番噛みやすい位置に物を動かし、忙しく働いています。そして、飲み込むときは食べ物を口腔内の上部に押し上げ、スムーズに喉の奥へと運びます。
舌の力が弱くなると、食べ物を押し上げる力も弱くなり、結果喉の奥へスムーズに食べ物が流れず、誤嚥を起こします。

舌の筋力は鍛えられる。

噛む回数を増やす、よくしゃべる、といったちょっと意識すればできそうなことで鍛えることができます。
そのほか舌を思いっきり前に伸ばしてみたり、左右へと素早く動かしてみたりと、舌を鍛えるつもりでトレーニングするのもよいでしょう。

[ トップページ ]




認知症基礎知識と情報

認知症についてまとめました。
新しい情報や対処法など様々な情報を随時更新していきます。

脳血管性認知症予防

脳血管性認知症についてまとめました。
突然の発症が怖い病気。予備知識としてぜひご覧下さい。

転倒・骨折と認知症

転倒による骨折から長期入院や寝たきりとなり、認知症になる方が多数います。ポイントは・・・。

糖尿病と認知症

糖尿病はそれ単体で認知症になる危険性があります。
正しい知識で糖尿病を防ぎましょう。

糖尿病予防で認知症予防

どんなに節約していても、怖いのが突然の病気等による出費です。
シニアの為の保険についてご紹介します。

レクリエーションプリントで脳活性化

シニアレク会館(姉妹サイト)に、無料で使えるパズルプリントが多くあります。

ボケ防止クイズ&ゲームで認知症予防

辞書ゲーム 思い出しゲーム ブロック途中経過推理ゲーム 漢字ばらばらゲーム 瞬間記憶脳刺激ゲーム 違うところ探しクイズ ダジャレを考えようゲーム

百人一首を書く 一覧

計算問題(足し算問題)他の問題へのリンクも


毎日の「アレコレ」を認知症予防体操にチェンジ

 料理編 食事編 テレビ編 ケイタイ編 一覧

お気に入りに追加




認知症予防脳トレパズル
認知症予防脳トレパズル
認知症予防脳トレパズル
認知症予防脳トレパズル
認知症予防脳トレパズル
認知症予防脳トレパズル
認知症予防脳トレパズル
認知症予防脳トレパズル

 ▼ 姉妹サイト
認知症予防脳トレパズル
認知症予防脳トレパズル
認知症予防脳トレパズル
認知症予防脳トレパズル
認知症の仕組みはまだわかっていません。ただ、脳は使えば使うほど、良い刺激を与えれば与えるほど活性化し成長します。脳は何歳になっても成長することがわかっています。認知症の予防の為にも脳は積極的に使っていきたいですね。