ボケ防止と認知症予防情報サイト。脳トレで脳若返り、健康寿命を延ばす情報等。


トップページ
サイトマップ

認知症予防、介護・認知症情報、シニアの健康情報、脳トレパズル



サイト管理者の本がアマゾン「仕事術・整理法」ランキング1位獲得です!『論理的思考力を鍛える33の思考実験』是非ご覧ください^^!
★お勧め姉妹サイト シニアレク会館(脳トレプリントDL)


長寿ホルモン アディポネクチンとは 超健康レシピも

アディポネクチンという長寿ホルモンが注目を集めています。
様々な病気を予防し、血管の修復作用まである善玉ホルモンで、血中のアディポネクチンの濃度が高いと、脂肪の燃焼や体内の糖を使われやすくしたり、がんの予防にも優れた効果を発揮するとのことです。

アディポネクチンの濃度を高めるには

アディポネクチンは体内の脂肪細胞から作り出されるもので、私たちの体内で知らないうちに生成してくれています。
しかし、血中のアディポネクチンの濃度が下がると、血管修復機能が衰えるなどして、高血圧や動脈硬化になりやすくなったり、ガンや糖尿病、メタボリックシンドロームなどを引き起こす要因となります。

アディポネクチンを体内で作りやすくするための食品がありますので、こちらを意識して摂取することで、長寿ホルモンを増やすことができます。


・ベータコングリシニンを含む食べ物を摂る
研究によりベータコングリシニンという成分がアディポネクチン濃度を高める役割を担っていることがわかっています。
ベータコングリニシンを豊富に含む食べ物は豆腐だそうです。
豆腐ならアレンジ次第で多くの食べ方が楽しめますから、積極的に摂取を心がけたいですね。

・食物繊維
食物繊維はオートミール等のシリアル系食材や、オクラ、ゴボウ、海藻、イモ類、純ココアなどに豊富に含まれています。

・マグネシウム
海藻類や魚、ナッツ類、豆腐などに含まれます。ここにも豆腐が登場です。豆腐はアディポネクチンを増やすための必須食材と言えそうですね。

・EPA
青魚に含まれる質の良い油です。
サバ、イワシ、マグロ、カツオ等。

・コーヒー
コーヒーを1日3倍以上飲む人は、飲まない人よりも血中のアディポネクチンの濃度が高いそうです。

※オスモチンという物質がアディポネクチンと似た働きを持つそうで、そちらの摂取もおすすめです。トマト、ピーマン、キウイ等に含まれるそうです。アディポネクチン増やせてないなーと感じる際はこちらで補ってしまいましょう。

アディポネクチンをがっつり増やす料理

管理人のブログサイトにレシピを載せています。
豆腐と海藻のサラダです。きわめてずぼらな管理人なので、簡単さだけは自信があります。

食物繊維と豆腐の超健康サラダ
 めんつゆは掛けすぎないでください。
 めんつゆなしで、お酢だけでもおいしいです。

ちなみに、このサラダに、「アジのたたき」を混ぜると最高においしいですよ!EPAも取れるのでお勧めです。
アジのたたきの一番おいしい食べ方だと思っています。

[ トップページ ]





認知症基礎知識と情報

認知症についてまとめました。
新しい情報や対処法など様々な情報を随時更新していきます。

脳血管性認知症予防

脳血管性認知症についてまとめました。
突然の発症が怖い病気。予備知識としてぜひご覧下さい。

転倒・骨折と認知症

転倒による骨折から長期入院や寝たきりとなり、認知症になる方が多数います。ポイントは・・・。

糖尿病と認知症

糖尿病はそれ単体で認知症になる危険性があります。
正しい知識で糖尿病を防ぎましょう。

糖尿病予防で認知症予防

どんなに節約していても、怖いのが突然の病気等による出費です。
シニアの為の保険についてご紹介します。

レクリエーションプリントで脳活性化

シニアレク会館(姉妹サイト)に、無料で使えるパズルプリントが多くあります。

ボケ防止クイズ&ゲームで認知症予防

辞書ゲーム 思い出しゲーム ブロック途中経過推理ゲーム 漢字ばらばらゲーム 瞬間記憶脳刺激ゲーム 違うところ探しクイズ ダジャレを考えようゲーム

百人一首を書く 一覧

計算問題(足し算問題)他の問題へのリンクも


毎日の「アレコレ」を認知症予防体操にチェンジ

 料理編 食事編 テレビ編 ケイタイ編 一覧

お気に入りに追加




認知症予防脳トレパズル
認知症予防脳トレパズル
認知症予防脳トレパズル
認知症予防脳トレパズル
認知症予防脳トレパズル
認知症予防脳トレパズル
認知症予防脳トレパズル
認知症予防脳トレパズル

 ▼ 姉妹サイト
認知症予防脳トレパズル
認知症予防脳トレパズル
認知症予防脳トレパズル
認知症予防脳トレパズル
認知症の仕組みはまだわかっていません。ただ、脳は使えば使うほど、良い刺激を与えれば与えるほど活性化し成長します。脳は何歳になっても成長することがわかっています。認知症の予防の為にも脳は積極的に使っていきたいですね。