ボケ防止と認知症予防情報サイト。脳トレで脳若返り、健康寿命を延ばす情報等。


トップページ
サイトマップ

認知症予防、介護・認知症情報、シニアの健康情報、脳トレパズル



★お勧め姉妹サイト シニアレク会館(脳トレプリントDL)

レビー小体型認知症の予防に社交ダンス

たけしのみんなの家庭の医学(2016/08/16放送)で、レビー小体型認知症で寝たきりになった女性が、2年後にハワイへの旅行に行ったという信じられない例を紹介していました。

レビー小体型認知症は脳血管性認知症と並び、アルツハイマー型認知症に次いで多い認知症で、原因不明なうえに、治療薬もありません。

70歳でレビー小体型認知症と診断

番組で紹介されていた女性は、レビー小体型認知症と70歳の時に診断され、だんだんと症状が進行していき、78歳になるころには寝たきりになってしまいます。ほとんどを寝て過ごし、トイレや食事も自分ではできなくなってしまいました。
それでも、息子はあきらめず女性を車いすに乗せて外に連れ出すことを続けました。ある日、車での病院の帰り道に、助手席に乗る女性が手をトントンとたたいてリズムを取っている事に気が付きます。何をしても無はんの運母が指でリズムを・・?流れている曲は有名なタンゴのリズム。そういえば母は学生時代にボーイフレンドと社交ダンスをしたものよ、とよく自慢していた・・・。
息子は社交ダンスに望みを託し、社交ダンス教室に通い始めます。
そして、1年後には実際に踊れるまでに回復するのです。

社交ダンスが効果を発揮する理由は、運動+頭を使うからです。それプラス本人にとって思い出深いものであったというのが今回の劇的回復の理由であったと専門家の方は説明していました。

番組では、認知症になるリスクを下げてくれる余暇活動ベスト3を発表していました。
1位は社交ダンスで、76%減
2位はボードゲームで、74%減
3位は楽器の演奏で、69%減
どれも約70%減というは驚くべき数字ではないかと思います。

アルツハイマー型認知症の予防として、運動や脳トレはよく言われますが、レビー小体型認知症の予防に関しても効果があるということになりそうです。

[ トップページ ]





認知症基礎知識と情報

認知症についてまとめました。
新しい情報や対処法など様々な情報を随時更新していきます。

脳血管性認知症予防

脳血管性認知症についてまとめました。
突然の発症が怖い病気。予備知識としてぜひご覧下さい。

転倒・骨折と認知症

転倒による骨折から長期入院や寝たきりとなり、認知症になる方が多数います。ポイントは・・・。

糖尿病と認知症

糖尿病はそれ単体で認知症になる危険性があります。
正しい知識で糖尿病を防ぎましょう。

糖尿病予防で認知症予防

どんなに節約していても、怖いのが突然の病気等による出費です。
シニアの為の保険についてご紹介します。

レクリエーションプリントで脳活性化

シニアレク会館(姉妹サイト)に、無料で使えるパズルプリントが多くあります。

ボケ防止クイズ&ゲームで認知症予防

辞書ゲーム 思い出しゲーム ブロック途中経過推理ゲーム 漢字ばらばらゲーム 瞬間記憶脳刺激ゲーム 違うところ探しクイズ ダジャレを考えようゲーム

百人一首を書く 一覧

計算問題(足し算問題)他の問題へのリンクも


毎日の「アレコレ」を認知症予防体操にチェンジ

 料理編 食事編 テレビ編 ケイタイ編 一覧

お気に入りに追加




認知症予防脳トレパズル
認知症予防脳トレパズル
認知症予防脳トレパズル
認知症予防脳トレパズル
認知症予防脳トレパズル
認知症予防脳トレパズル
認知症予防脳トレパズル
認知症予防脳トレパズル

 ▼ 姉妹サイト
認知症予防脳トレパズル
認知症予防脳トレパズル
認知症予防脳トレパズル
認知症予防脳トレパズル
認知症の仕組みはまだわかっていません。ただ、脳は使えば使うほど、良い刺激を与えれば与えるほど活性化し成長します。脳は何歳になっても成長することがわかっています。認知症の予防の為にも脳は積極的に使っていきたいですね。