ボケ防止と認知症予防情報サイト。脳トレで脳若返り、健康寿命を延ばす情報等。


トップページ
サイトマップ

認知症予防、介護・認知症情報、シニアの健康情報、脳トレパズル



★お勧め姉妹サイト シニアレク会館(脳トレプリントDL)

五感の中で最も記憶機能を刺激するのは

記憶の中枢「海馬」と年齢」で人の記憶の中枢は脳の海馬という部分にあることを書きました。

では、五感の中のどれを使うとより海馬を刺激して記憶機能を活性化することができるのでしょうか。

五感と脳

人の五感は脳の別々の場所が司どっています。視覚は脳の後ろ側、触角は脳の上のほう、味覚、嗅覚、聴覚はそれぞれ舌、鼻、耳を脳のほうに伸ばしたあたりにあります。

さて、視覚、触角、味覚、嗅覚、聴覚の中で、一番記憶に残りやすいのはどれでしょうか?

なんとなく視覚なのかな?と思うかもしれません。実は視覚ではないのですが、人は視覚から8割の情報を得ているといわれるほど視覚に頼っているので、情報の総合量が多いのです。

残る4つの中に最も記憶に残りやすい感覚があります。

嗅覚と記憶

答えは嗅覚です。街中で匂いを感じると、知っている匂いだと感じたり、実家に久しぶりに帰ったときに匂いで実家にいることを感じたり、匂いで懐かしい記憶を呼び起こしたりと、匂いは記憶と密接に関わっています。

匂いが記憶と連動しやすい理由は、匂いをつかさどる嗅覚野が記憶をつかさどる海馬の近くにあるからです。匂いは五感の中で最も海馬を刺激する感覚なのです。

目を閉じて料理の匂いを感じてみたり、アロマを焚いてみたり、外に出て自然の空気を嗅覚で感じたりと、嗅覚をより使ってみましょう。海馬は刺激することで神経細胞が増えることがわかっていますから、嗅覚積極的に使って海馬を若々しく保ちたいですね。


[ トップページ ]





認知症基礎知識と情報

認知症についてまとめました。
新しい情報や対処法など様々な情報を随時更新していきます。

脳血管性認知症予防

脳血管性認知症についてまとめました。
突然の発症が怖い病気。予備知識としてぜひご覧下さい。

転倒・骨折と認知症

転倒による骨折から長期入院や寝たきりとなり、認知症になる方が多数います。ポイントは・・・。

糖尿病と認知症

糖尿病はそれ単体で認知症になる危険性があります。
正しい知識で糖尿病を防ぎましょう。

糖尿病予防で認知症予防

どんなに節約していても、怖いのが突然の病気等による出費です。
シニアの為の保険についてご紹介します。

レクリエーションプリントで脳活性化

シニアレク会館(姉妹サイト)に、無料で使えるパズルプリントが多くあります。

ボケ防止クイズ&ゲームで認知症予防

辞書ゲーム 思い出しゲーム ブロック途中経過推理ゲーム 漢字ばらばらゲーム 瞬間記憶脳刺激ゲーム 違うところ探しクイズ ダジャレを考えようゲーム

百人一首を書く 一覧

計算問題(足し算問題)他の問題へのリンクも


毎日の「アレコレ」を認知症予防体操にチェンジ

 料理編 食事編 テレビ編 ケイタイ編 一覧

お気に入りに追加




認知症予防脳トレパズル
認知症予防脳トレパズル
認知症予防脳トレパズル
認知症予防脳トレパズル
認知症予防脳トレパズル
認知症予防脳トレパズル
認知症予防脳トレパズル
認知症予防脳トレパズル

 ▼ 姉妹サイト
認知症予防脳トレパズル
認知症予防脳トレパズル
認知症予防脳トレパズル
認知症予防脳トレパズル
認知症の仕組みはまだわかっていません。ただ、脳は使えば使うほど、良い刺激を与えれば与えるほど活性化し成長します。脳は何歳になっても成長することがわかっています。認知症の予防の為にも脳は積極的に使っていきたいですね。