ボケ防止と認知症予防情報サイト。脳トレで脳若返り、健康寿命を延ばす情報等。


トップページ
サイトマップ

認知症予防、介護・認知症情報、シニアの健康情報、脳トレパズル



サイト管理者の本がアマゾン「仕事術・整理法」ランキング1位獲得です!『論理的思考力を鍛える33の思考実験』是非ご覧ください^^!
★お勧め姉妹サイト シニアレク会館(脳トレプリントDL)


介活を始めて介護破産にならないための3つの常識

将来、介護が必要になったとき慌てないで済むように、知るべきことを知っておきたいものです。
7/29の世界一受けたい授業でそんな授業をやっていました。
世界一受けたい授業では、下記の3つをポイントとして挙げていました。
それをもとにまとめました。

介活

介護は突然やってきます。
例えば脳梗塞や大腿骨の骨折、その他大病を患うなど、突然今までできたことが出来なくなり、一時的、または長期にわたって介護が必要になります。
突然の介護生活に戸惑うことが少しでも減るように、介護活動、略して介活が必要と言います。

ベッドから起こす方法や食事のサポートの仕方などを勉強したり、介護される側なら感謝の心を伝える練習をしておくといいそうです。
感謝を伝えると、相手はちゃんとやってあげようと思うそうです。介護する側もされる側も人間ですから、お互いになるべく負担を減らして気持ちよく生活したいものです。そのための心構えが介活なのですね。

介護サービスの利用

介護サービスというと高額をイメージしがちですが、意外と安い価格で利用可能です。
デイサービスは1日7時間で千円程度、訪問ヘルパー1時間半で350円超程度と、思っているより低額です。

介護はこれらのサービスを積極的に利用することが本人にとっても家族にとっても良い事なのです。

介護のために仕事を辞めない

介護休職法で、93日の休みが取れるそうです。。3回まで分割して取得可能で、その間通常賃金の67%をもらる制度です。
介護の必要なくなるまで残業を免除されるようです。

介護のために仕事を辞めてしまうと、人生が介護のためのものになってしまい、心に大きな負担がかかります。
周りが見えなくなったり、ふさぎ込んでしまったりと、介護うつになってしまう危険性もあります。
介護サービスを上手に使って仕事を辞めないこと、それが自分のためにも、相手のためにもプラスに働くのです。

[ トップページ ]





認知症基礎知識と情報

認知症についてまとめました。
新しい情報や対処法など様々な情報を随時更新していきます。

脳血管性認知症予防

脳血管性認知症についてまとめました。
突然の発症が怖い病気。予備知識としてぜひご覧下さい。

転倒・骨折と認知症

転倒による骨折から長期入院や寝たきりとなり、認知症になる方が多数います。ポイントは・・・。

糖尿病と認知症

糖尿病はそれ単体で認知症になる危険性があります。
正しい知識で糖尿病を防ぎましょう。

糖尿病予防で認知症予防

どんなに節約していても、怖いのが突然の病気等による出費です。
シニアの為の保険についてご紹介します。

レクリエーションプリントで脳活性化

シニアレク会館(姉妹サイト)に、無料で使えるパズルプリントが多くあります。

ボケ防止クイズ&ゲームで認知症予防

辞書ゲーム 思い出しゲーム ブロック途中経過推理ゲーム 漢字ばらばらゲーム 瞬間記憶脳刺激ゲーム 違うところ探しクイズ ダジャレを考えようゲーム

百人一首を書く 一覧

計算問題(足し算問題)他の問題へのリンクも


毎日の「アレコレ」を認知症予防体操にチェンジ

 料理編 食事編 テレビ編 ケイタイ編 一覧

お気に入りに追加




認知症予防脳トレパズル
認知症予防脳トレパズル
認知症予防脳トレパズル
認知症予防脳トレパズル
ちょこっと健康メモ
認知症予防脳トレパズル
認知症予防脳トレパズル
認知症予防脳トレパズル
認知症予防脳トレパズル

 ▼ 姉妹サイト
認知症予防脳トレパズル
認知症予防脳トレパズル
認知症予防脳トレパズル
認知症予防脳トレパズル
認知症の仕組みはまだわかっていません。ただ、脳は使えば使うほど、良い刺激を与えれば与えるほど活性化し成長します。脳は何歳になっても成長することがわかっています。認知症の予防の為にも脳は積極的に使っていきたいですね。