TV番組情報

若々しさの秘訣は「好き」ですること ーbyたけしのニッポンのミカター

いくつになっても若々しくいたい、誰もが思うことだと思います。若々しい外見でいたい、若々しい心でいたい、エネルギッシュでいたい…若々しさの基準は人それぞれですが、やはり「若くいたい」ものです。

「たけしのニッポンのミカタ」では、抗加齢ドッグの医師、奥仲哲弥さん(山王病院副院長)が若くいる秘訣を語っていました。医師なので、薬による若返り法がメインのようでしたが、番組に登場した松坂慶子さんの若さの秘密も紹介されました。

※2013/04/12放送の「たけしのニッポンのミカタ・一億総老いたくない!老いに抗うニッポン人!?」を参考にした記事です。番組をまとめたものではありません。

大切なのは「好き」で行う趣味やトレーニング

奥仲医師は「好き」でやることに効果があると言っていました。松坂慶子さんが好きでやっていた「万葉集の朗読(ステージで)」や「フラダンス」は、好きだから高い効果を及ぼしたといいます。

万葉集を朗読してる時の松坂慶子さんの表情かをみた 奥仲医師は 、松坂慶子さんはこの瞬間「とても幸せそう」に見えると話します。この間に、エンドロフィンが出て、若返りの効果が発揮されていることを説明していました。

エンドロフィンは幸せを感じているときに分泌され、たくさん分泌されるととても良い気分になります。この効果から、脳内麻薬と呼ばれるほどです。自分で麻薬のような効果を作り出せるのですね。

同じ万葉集の朗読でも、好きでやるのと、仕事でやるのと、頼まれて断れず嫌々やるのとでは全く効果が違ってくるということです。好きでやらないと、エンドロフィンがでませんものね。

大切なのは自分がそれを「好き」なのか、ということですね。同じ趣味でも、自分が好きでい続けられるものが一番良い趣味なのです。

飽きちゃったらエンドロフィンが出にくくなるから、効果は薄れるってことネ。

芸能人が若い理由はドーパミン

芸能人はなぜあんなに若いんだ、と思ったことはありませんか。もちろん若作りは仕事のうち、ということで人よりよほど気を配っている芸能人は多いでしょう。最近のメイクの技術とか、照明の効果で若く見えるという理由もあります。

しかしそれだけではないのです。

人から見られる、ということは快感につながり、それがドーパミンを分泌させるそうです。確かに、芸能人は人から見られるのが仕事です。そして最初は抵抗があったとしても皆それを快感に変えていきます。この特殊な環境が、彼らを若くいさせているということですね。

見られるって「快感」なんだ。注目されることで若くいられるってことね。そういう趣味を見つけるのもアリなのかな?
ドーパミンを分泌すると若くなるのか。

抗加齢ドッグとは

奥仲医師の「抗加齢ドッグ」では、検査(番組の紹介では8万8千円~)を行なって体の老化具合をチェックし、医学的な観点からアドバイスをし、薬を処方したりするものだそうです。

主にみる点は3つで、「ホルモンの分泌具合」「活性酸素の濃度」「動脈硬化の進行具合」です。この中でホルモン分泌と動脈硬化は薬での対処法を紹介していました。
活性酸素についても薬ではありますが、「ビタミン剤」とのことですので、ビタミンC・Eを多くとる食事が大切と言うことです。

活性酸素を抑えるのは、よく耳にする「抗酸化」だよね。動脈硬化の進行具合か。血管にいいのはトマト、タマネギ、納豆など。血管を若返らせれば動脈硬化の進行は抑えられるはず。