ボケ防止と認知症予防情報サイト。脳トレで脳若返り、健康寿命を延ばす情報等。


トップページ
サイトマップ

認知症予防、介護・認知症情報、シニアの健康情報、脳トレパズル



★お勧め姉妹サイト シニアレク会館(脳トレプリントDL)

なぜ良く考えると思いだせる記憶があるの?

脳は使わないとすぐに怠けます。怠けるのが大好きです。
だから、使わない記憶はすぐに取り出す準備を怠って、野放しになってしまうんです。
※脳が専門分野の大学教授に聞くことができた話をもとにまとめています。

大切なのは細胞同士の連絡路

例えば空を見て私たちは瞬間的に「青い」と感じます。これは、この色を脳が「青」と記憶しているからです。目で空を見た瞬間に、脳では…

この色なんだ? →→照合中→→ 青ですね。

一瞬で記憶に照らし合わせているのです。この照らし合わせをするためには細胞同士をつなぐ連絡路の存在が不可欠です。
この「この色→青」は日常頻繁に使っているので、この連絡路は非常にしっかりしています。だから考えもせずに無意識のうちに青!感じるわけですね。

しかし、日常あまり使わない記憶は照合にも時間がかかります。
清少納言の枕草子の冒頭  →→照合中→→ なんだっけ?
きっとみんな暗記したであろう(やりませんでしたか?)ことであってもなかなか思い出せません。
これは連絡路が錆つき、記憶と照合できなくなっているからです。
(春はあけぼの。やうやう白くなりゆく〜〜)

こういった記憶は整備されていない連絡路を通る必要があり、考えて進まないと照合できないというわけです。

記憶にはくり返しが有効

記憶するための一番の方法は「くり返す」こと。目で見た色=何色かなんて人生の中でくり返すこと…何回かなんて想像できないくらい頻繁にくり返しています。だからすでに瞬間的にわかる域まで達しているのです。

何年も使っていない記憶でも、過去に何回もくり返して脳に刻み込んだ記憶はわりとすぐに思い出せるものです。これはくり返すことで記憶が脳にしっかりと定着したということなんですね。

[ 一覧に戻る ] [ トップページ ]





認知症基礎知識と情報

認知症についてまとめました。
新しい情報や対処法など様々な情報を随時更新していきます。

脳血管性認知症予防

脳血管性認知症についてまとめました。
突然の発症が怖い病気。予備知識としてぜひご覧下さい。

転倒・骨折と認知症

転倒による骨折から長期入院や寝たきりとなり、認知症になる方が多数います。ポイントは・・・。

糖尿病と認知症

糖尿病はそれ単体で認知症になる危険性があります。
正しい知識で糖尿病を防ぎましょう。

糖尿病予防で認知症予防

どんなに節約していても、怖いのが突然の病気等による出費です。
シニアの為の保険についてご紹介します。

レクリエーションプリントで脳活性化

シニアレク会館(姉妹サイト)に、無料で使えるパズルプリントが多くあります。

ボケ防止クイズ&ゲームで認知症予防

辞書ゲーム 思い出しゲーム ブロック途中経過推理ゲーム 漢字ばらばらゲーム 瞬間記憶脳刺激ゲーム 違うところ探しクイズ ダジャレを考えようゲーム

百人一首を書く 一覧

計算問題(足し算問題)他の問題へのリンクも


毎日の「アレコレ」を認知症予防体操にチェンジ

 料理編 食事編 テレビ編 ケイタイ編 一覧

お気に入りに追加




認知症予防脳トレパズル
認知症予防脳トレパズル
認知症予防脳トレパズル
認知症予防脳トレパズル
認知症予防脳トレパズル
認知症予防脳トレパズル
認知症予防脳トレパズル
認知症予防脳トレパズル

 ▼ 姉妹サイト
認知症予防脳トレパズル
認知症予防脳トレパズル
認知症予防脳トレパズル
認知症予防脳トレパズル
認知症の仕組みはまだわかっていません。ただ、脳は使えば使うほど、良い刺激を与えれば与えるほど活性化し成長します。脳は何歳になっても成長することがわかっています。認知症の予防の為にも脳は積極的に使っていきたいですね。