ボケ防止と認知症予防情報サイト。脳トレで脳若返り、健康寿命を延ばす情報等。


トップページ
サイトマップ

認知症予防、介護・認知症情報、シニアの健康情報、脳トレパズル



★お勧め姉妹サイト シニアレク会館(脳トレプリントDL)

ボケ防止に毎日脳トレ運動 料理編

認知症を遠ざける「毎日脳トレ運動」シリーズ料理編。

料理はもともとボケ防止に効果が高く、いつものように料理をするだけでも高い効果を得ることができます。いつもよりも効果を高めたいなら、料理にちょっと工夫するだけでさらに脳を刺激できます。

全ての日に下記をする必要はありません。ちょっとやってみようかな?と思ったときに気軽にやってみましょう♪

皮むきは包丁で

便利なピーラーに頼りがちですが、包丁での皮むきはやはり脳トレ効果抜群。たまには包丁で。

盛り付けにも気を配ってみる

煮物に緑を入れたいな?キヌサヤでも使おうか、とか、カレーライスのご飯にパセリで彩りを…とか、食器はこっちの方がカッコイイかな、とか、いつもより見た目にこだわってみましょう。
想像力を使う行動は脳を活性化させます。
この意味からもお弁当づくりは脳トレにいいですね。時間に追われるという要素もプラスに働くでしょう。

のこり物から工夫して別の料理を

ハンバーグが余ってしまった…じゃあ明日は煮込みハンバーグにしよう。ハンバーグを砕いてカレーに入れてもいいかな、等、余り物で別の料理を作ってみましょう。
イメージ力を膨らませて工夫するのは脳トレに効果的。こうしようとひらめいた時、脳の栄養になる「喜び」を感じるでしょう。

難しい料理に挑戦

いつもの料理は脳も慣れてしまっていますので、難しい料理に挑戦してみましょう。出来上がりをイメージしながらこうやってからこうやって…と工程もイメージ。こういった「物事のプロセス」を組み立てなければならない作業は脳の広い範囲を非常に活発に使います。

お菓子作りもやってみる

砂糖○グラム…玉子Mサイズ○個…小麦粉○グラム…。手早くかき混ぜる、AとBをここで合わせる…。デコレーションはこうやって…と、ちょっと分量をまちがえたり工程を間違えると出来上がりが散々になってしまうことが多いお菓子作りは脳の緊張度が料理より高く、脳に新鮮な刺激を与えてくれます。

特に見た目を派手やかにしたり、未知の食材を使うようなお菓子は脳を一気に活性化してくれるでしょう。


[ 一覧に戻る ] [ トップページ ]





認知症基礎知識と情報

認知症についてまとめました。
新しい情報や対処法など様々な情報を随時更新していきます。

脳血管性認知症予防

脳血管性認知症についてまとめました。
突然の発症が怖い病気。予備知識としてぜひご覧下さい。

転倒・骨折と認知症

転倒による骨折から長期入院や寝たきりとなり、認知症になる方が多数います。ポイントは・・・。

糖尿病と認知症

糖尿病はそれ単体で認知症になる危険性があります。
正しい知識で糖尿病を防ぎましょう。

糖尿病予防で認知症予防

どんなに節約していても、怖いのが突然の病気等による出費です。
シニアの為の保険についてご紹介します。

レクリエーションプリントで脳活性化

シニアレク会館(姉妹サイト)に、無料で使えるパズルプリントが多くあります。

ボケ防止クイズ&ゲームで認知症予防

辞書ゲーム 思い出しゲーム ブロック途中経過推理ゲーム 漢字ばらばらゲーム 瞬間記憶脳刺激ゲーム 違うところ探しクイズ ダジャレを考えようゲーム

百人一首を書く 一覧

計算問題(足し算問題)他の問題へのリンクも


毎日の「アレコレ」を認知症予防体操にチェンジ

 料理編 食事編 テレビ編 ケイタイ編 一覧

お気に入りに追加




認知症予防脳トレパズル
認知症予防脳トレパズル
認知症予防脳トレパズル
認知症予防脳トレパズル
認知症予防脳トレパズル
認知症予防脳トレパズル
認知症予防脳トレパズル
認知症予防脳トレパズル

 ▼ 姉妹サイト
認知症予防脳トレパズル
認知症予防脳トレパズル
認知症予防脳トレパズル
認知症予防脳トレパズル
認知症の仕組みはまだわかっていません。ただ、脳は使えば使うほど、良い刺激を与えれば与えるほど活性化し成長します。脳は何歳になっても成長することがわかっています。認知症の予防の為にも脳は積極的に使っていきたいですね。