ボケ防止と認知症予防情報サイト。脳トレで脳若返り、健康寿命を延ばす情報等。


トップページ
サイトマップ

認知症予防、介護・認知症情報、シニアの健康情報、脳トレパズル



★お勧め姉妹サイト シニアレク会館(脳トレプリントDL)

認知症予防知識情報・認知症知識情報 一覧

脳活性化情報や脳以外の若返り情報等

※テーマごとに下に行くほうが新しいページです。

◆ 脳活性化特集 メディア情報・データ情報

※このテーマ内、下に行くほど新しいページです。
認知症予防に効く7つの法則とは
脳活性化に効くに11の法則とは
脳に悪影響を及ぼす3つのこととは
脳ストレスを解消する3つの方法とは
アタマ日記で今日一日を締めくくる!
アメリカ・アルツハイマー病協会提唱「脳を守る10カ条」
脳を守る10カ条を軽〜く、ずぼらに考えてみた
ガッテン流認知症にならない3原則
修正可能な7つの認知症危険因子とは
修正可能な認知症危険因子のつまりはこういうこと
「声を出す」と本当にパワーアップする!
脳を老けさせる10のNG習慣とは
テレビゲームは精神的にも良い!?
テレビゲーム、最初はどんなソフトが良い?
脳を若く保つ秘訣とは みんなの家庭の医学より 
走る=ボケ防止に効果大
テレビゲームで脳の衰えを回復 アメリカの実験にて
ひらめくことで脳の老化はストップする
認知症予防に効果があるのは唯一パズル等である〜トロント大学〜
バイリンガルは認知症の発症が5年遅くなる(カナダ・インド)
クラウドワーキングと高齢者との相性
インナーマッスルを鍛えて認知症予防
呼吸だけでできるインナーマッスルの鍛え方
老若男女楽しめるニュースポーツ・シャフルボード
ニセのバス停設置で徘徊防止対策−ドイツ−
体の柔軟性=血管の柔軟性!?
脳細胞を殺すコルチゾールの量は自分次第で簡単に変えられる!
レビー小体型認知症の予防に社交ダンス
脳エクササイズで認知症リスクが半減を実証
五感の中で最も記憶機能を刺激するのは
ワーキングメモリを鍛えることによる転移効果
すこぶる簡単!3つの認知症予防トレーニング(2016/10/26放送)
認知症と生きる〜家族の「支え方」とは〜日テレevery16特集(2016.11.09)

◆ 脳以外の健康情報 〜健康で長生きするために〜
※このテーマ内、下に行くほど新しいページです。
骨粗鬆症でないのに「折れやすい骨」とは
ぎんさんの教え 血管を若く保つ長寿の教え5カ条
ぎんさんの4姉妹が食べる食事の秘訣
しゃべりながら食べるのは危険
自然葬が人気上昇。散骨の魅力とは
都市部で深刻な墓不足〜変わる墓地〜
エンディングノート
朝、突然起きるのは危険
最初になにを口にするかでダイエット 〜肥満は万病のもと〜
食べる前に胃の準備運動
老いに逆らう!今注目の若返りポイント(1)番組側編
老いに逆らう!今注目の若返りポイント(2)南雲医師編
老いに逆らう!今注目の若返りポイント(3)五月みどり編
悪玉を減らせではなく、善玉を増やせが正解!コレステロールの話
善玉コレステロールを増やす方法
死者数年間1万人! ヒートショックの恐怖
座る時間が長いと寿命が縮む
お気楽でゴキゲンな人は長生きする
寿命を延ばす血圧低下マッサージ
布団が悪いと健康に悪影響
怒りは寿命を縮める!?発散して長寿に
PM2.5による健康被害と対策とは
大切なのは「好き」ですること たけしのニッポンのミカタより
高齢者の一日の時間の使い方 〜統計局の調査より〜
高齢者の祭典 ねんりんピックとは
将来寝たきりになる可能性が高い「ロコモ」とは
マテ茶の効能 ビタミン、ミネラル豊富な飲むサラダ
終末糖化産物(AGE)が体を老化させる 対策とは
本当の『老化』は75歳から始まる
大腿骨の骨折=寝たきりなのか
「バリアアリー」の効果とは
年間111万人が要介護に移行している
お餅がのどに詰まったらやるべきこと
お餅をのどに詰まらせないために
高齢者(シニア層)のシェアハウスが増加
ブロッコリースプラウトでがん予防!スルフォラファンの力
平均寿命と健康寿命の差は大きい
熱中症になりにくい体にする暑熱順化
6月は注意!カビ喘息・カビ感染の脅威
高齢者なぜ熱中症が多いのか
熱中症の段階と対策及びすぐ病院の危険な症状
60歳の70%が『白内障』予防法とは
腸内フローラは長生きに密接に関係している
腸にとって夜は重要な時間--しっかり働かせるには
卵やエビ、イクラ・・コレステロールは気にしなくていい?
要注意なダブル炭水化物のメニューとは
糖の吸収速度を表すGIとは
筋肉を増やすと癌になりにくい理由
歯が溶ける!?身近な多くの食品に潜む危険
サラダ油はがん等の様々な病の元凶?
年をとっても記憶力は衰えない!?
がん予防食品表、デザイナーフーズピラミッドとは
化粧で運動機能が延びる!?
舌の老化は誤嚥性肺炎を招く
腸内環境に大豆とヨーグルト 世界ふしぎ発見2016年3月19日放送
チョコレートでシミを撃退 TV「その原因、腸にあり!」16年3月29日
腸内環境で長寿に! TV「その原因、腸にあり!」16年3月29日放送
腸内環境で肥満防止 TV「その原因、腸にあり!」16年3月29日
その肩こり、実は危険な内臓疾患かも!?
心筋梗塞の前兆はどんな胸の痛み?
長寿ホルモン アディポネクチンとは 超健康レシピも
腸活!ヨーグルトを食べるタイミングは食前?食後?
ピーナッツで血管が若く強くなる!

◆ 脳とは / 脳を鍛える理由 / 脳の不思議
※このテーマ内、下に行くほど新しいページです。
脳とは
脳と人 〜人らしくあるために〜
脳の稼働率
脳トレーニングの目的
脳は使わないと衰える
脳の出来は生まれつき?
考えて思い出せるのはなぜ?
脳細胞が減っても記憶力は保てる?
お酒を飲むと人が変わるのはなぜ?
脳の昼寝 〜うっかりミスはボケではなく脳の昼寝!?〜
脳の神経細胞は1日10万個死滅する、は俗説?

◆ 脳トレーニング / 脳を鍛えるには
※このテーマ内、下に行くほど新しいページです。
効果的な脳トレーニング
脳に刺激を与える方法
├ テレビ編
├ 散歩・通勤編
└ 待ち時間編
脳の神経細胞は増やせる?
神経細胞を増やすには
手は外部の脳?
簡単にできる手を使った効果的な脳トレとは
ながらで脳を鍛える効果的な脳トレーニング
五感刺激で脳トレーニング
ワーキングメモリ(作業記憶)トレーニング
ブログで新たな世界が広がる
脳トレーニングは本当に無意味なのか
しりとりは脳訓練にもよい気軽なゲーム(思い出しゲーム内)
日記はなぜ優れた若脳訓練なのか
記憶の中枢「海馬」と年齢

◆ 脳トレに良いこと悪いこと
※このテーマ内、下に行くほど新しいページです。
ゲーム脳っていうけれど、ゲームは脳に良いの?悪いの?
テレビゲームで50歳脳が若返る?(アメリカ)
家事は脳にすごく良い!
役割を持つことは脳に緊張感を与える
同じテレビを見るのでも脳に差が出る
イライラしない心がけが大事
睡眠時間を間違えると脳が老化する?
運動が脳に与える効果
大声で笑うだけで脳も体も健康に
新しい趣味と脳の状態とは
脳の体操にはインプット&アウトプット
人への悪口は自分の脳にダメージを与える
高齢者の多くは「働きたい」

◆ 知っておきたいこと・気を付けたいこと
※このテーマ内、下に行くほど新しいページです。
詐欺に引っかかる理由と心境 人生の正解より
詐欺にあいやすい人の共通点1 まさかの共通10より
詐欺にあいやすい人の共通点2 まさかの共通10より
詐欺の手口ワースト10 絶対の注意を 水トク!より
詐欺の手口ワースト10 絶対の注意を 2 水トク!より
老後は海外移住して安い物価で乗り切ろうは大丈夫?
オレオレ詐欺は「ひっかかるものだ」と考えておくべき
救急車を呼んだほうがいいのか?と迷ったら 救急相談センターへ
貸したお金の時効は10年 時効の中断方法とは
高齢者ドライバーのの事故が増える3つの問題点

認知症について・認知症と脳トレーニング

◆ 認知症にならないために 認知症予防知識
※このテーマ内、下に行くほど新しいページです。
定年と認知症
ど忘れは認知症の始まり?
ゲームで認知症予防?
認知症は予防しなければ誰もがなる?
睡眠時無呼吸症候群は認知症発症率を上げる?
友達の数と認知症の関係
オシャレな人は認知症になりにくい?
認知症 もしかしたら、は必ず相談を。
認知症は発症の20年前から始まっている
まだら認知症(まだらボケ まだら痴呆)とは
恐怖の暗殺脂肪酸…トランス脂肪酸と認知症
たった1つの質問で認知症かどうかが分かる?
認知症におかされても症状がでない理由
「噛む」=認知症予防、老化防止、免疫力アップ!?
若いころの運動で認知症リスクが半分に
認知症予防に散歩の魅力とは 
認知症と脳トレーニングの関係とは?
治る認知症の種類。キーワードは水
歯が不健康だと認知症になりやすくなる
認知症予防に良い食べ物
夢を持ち続けることの大切さ
歯が認知症を防ぐ!歯と認知症の関係とは
認知症のリスクを確実に下げる食事とは
アルツハイマー型認知症の大半は7つの危険因子で予防できる
認知症が気になったらデュアルタスクを鍛える
視空間認知とは/視空間認知能力が低下すると道に迷う
視空間認知能力の鍛え方
ラーメン、うどん、丼ものは認知症になる食べ物
お酒は脳を委縮させる?
認知症予防になぜラジオが良くテレビがダメなのか
14%が若年性認知症になるデジタル認知症とは
今の生活は認知症危険度が高い?低い?
サッカーと若年性認知症の関係とは
たばこで認知症に?喫煙者は認知症のリスクが2倍
老化とともに衰える立つ力と認知症
アルツハイマー型認知症予防に効果ありのMIND食
アミロイドβタンパク質と炭水化物
カマンベールチーズで認知症予防
ゆずは、がんや認知症の予防に効果的
適量ならお酒を飲んだほうがいいの?
あなたのブリンクマン指数はいくつですか?
認知症が発症するか、MCIの時に分岐点がある−みんなの家庭の医学2016年4月26日ー
パズルの認知症予防効果は脳活性化と○○!
ビールの苦み成分に認知症予防効果

◆ 認知症基礎知識
※このテーマ内、下に行くほど新しいページです。
認知症とは
認知症の種類
認知症の種類2
認知症の一つ、ピック病とは
認知症の症状
認知症の進行
認知症の治療とリハビリ
軽度認知障害(MCI)とは
認知症の予防 〜予防のためにできること〜
認知症の予防〜危険因子を知る〜認知症の初期症状
認知症の前段階、前認知症の症状とは
認知症の早期発見の大切さと難しさ
認知症の物忘れと通常の物忘れの違い
認知症になりやすい性格
認知症チェック
治る認知症とは
認知症の患者が伝えたいこと〜本人会議〜
若年性認知症の状況と相談窓口
認知症患者は全国推定患者数462万人 2013年度調査
認知症患者数は2050年には世界で1億人超(2013/07)
認知症患者は世界で4400万人。37年後には1億3500万人に(2013/12)
2025年に認知症患者数は700万人に(2015/01)
長谷川式簡易知能評価スケール 〜認知症かどうかのテスト〜
本人や家族が認知症を疑った症状とは
アルツハイマー病は発病前から治療できるのか
認知症の非薬物治療について
寝たきりの直接原因認知症は2位
若年性アルツハイマー病と闘うエリート夫
認知症患者の「記憶」の変化
認知症早期発見のデメリットとは
加齢とともに大きく低下する能力とは
軽度認知障害(MCI)の血液検査

認知症と介護

※このテーマ内、下に行くほど新しいページです。
認知症と介護
認知症の介護の基本 〜認知症を知る〜
認知症の介護の基本 〜協力者を得る〜
認知症の介護と健康
介護をだれがするのか?兄弟姉妹の関わり方
グループホームとは
認知症の疑い・・病院に連れていくには
介護にならないために。2つを同時に出来ない〜注意力と転倒〜
認知症施策推進5か年計画オレンジプラン(厚生労働省)とは
認知症対応に大切な『否定しない』こと
ゲームはなぜ認知症を改善できたのか
フランス生まれの認知症ケアユマニチュード
認知症による記憶違い・普通と違う思考の指摘はしてはいけない
認知症患者が嘘をつく背景
ありがとうを言う大切さ
認知症で行方不明になる人は年間1万人以上
認知症患者の行方不明、実は身近なところに危険が
治る可能性のある認知症・特発性正常圧水頭症
認知症は脳の糖尿病!?インスリンによる治療法
特別養護老人ホームはどこも満室・・・ではない?
認知症患者自身の懐かしい家具が症状を緩和する
介護者の危険な10のストレスサイン
認知症介護 お風呂を嫌がる6つの理由とは

認知機能低下を伴う病

認知機能低下を伴う病気1 慢性疲労症候群

栄養素と体の基礎知識

不溶性食物繊維と水溶性食物繊維


[ トップページ ]


認知症で介護にならない脳トレで予防



認知症基礎知識と情報

認知症についてまとめました。
新しい情報や対処法など様々な情報を随時更新していきます。

脳血管性認知症予防

脳血管性認知症についてまとめました。
突然の発症が怖い病気。予備知識としてぜひご覧下さい。

転倒・骨折と認知症

転倒による骨折から長期入院や寝たきりとなり、認知症になる方が多数います。ポイントは・・・。

糖尿病と認知症

糖尿病はそれ単体で認知症になる危険性があります。
正しい知識で糖尿病を防ぎましょう。

糖尿病予防で認知症予防

どんなに節約していても、怖いのが突然の病気等による出費です。
シニアの為の保険についてご紹介します。

レクリエーションプリントで脳活性化

シニアレク会館(姉妹サイト)に、無料で使えるパズルプリントが多くあります。

ボケ防止クイズ&ゲームで認知症予防

辞書ゲーム 思い出しゲーム ブロック途中経過推理ゲーム 漢字ばらばらゲーム 瞬間記憶脳刺激ゲーム 違うところ探しクイズ ダジャレを考えようゲーム

百人一首を書く 一覧

計算問題(足し算問題)他の問題へのリンクも


毎日の「アレコレ」を認知症予防体操にチェンジ

 料理編 食事編 テレビ編 ケイタイ編 一覧

お気に入りに追加




認知症予防脳トレパズル
認知症予防脳トレパズル
認知症予防脳トレパズル
認知症予防脳トレパズル
認知症予防脳トレパズル
認知症予防脳トレパズル
認知症予防脳トレパズル
認知症予防脳トレパズル

 ▼ 姉妹サイト
認知症予防脳トレパズル
認知症予防脳トレパズル
認知症予防脳トレパズル
認知症予防脳トレパズル
認知症の仕組みはまだわかっていません。ただ、脳は使えば使うほど、良い刺激を与えれば与えるほど活性化し成長します。脳は何歳になっても成長することがわかっています。認知症の予防の為にも脳は積極的に使っていきたいですね。