ボケ防止と認知症予防情報サイト。脳トレで脳若返り、健康寿命を延ばす情報等。


サイトマップ

認知症予防、介護情報、高齢者の健康情報、脳トレパズル



高齢者向けレクリエーションプリント無料配布サイト『シニアレク会館(姉妹サイト)』も人気です

認知症でボケ防止脳トレ問題老年若脳の使い方
認知症でボケ防止脳トレ問題老年若脳の使い方
認知症でボケ防止脳トレ問題老年若脳 メニュー
認知症でボケ防止脳トレ問題老年若脳 メニュー
認知症でボケ防止脳トレ問題老年若脳 メニュー
認知症でボケ防止脳トレ問題老年若脳 メニュー
認知症でボケ防止脳トレ予防の老年若脳
認知症でボケ防止脳トレ予防の老年若脳
認知症でボケ防止脳トレ予防の老年若脳
認知症でボケ防止脳トレ予防の老年若脳
認知症でボケ防止脳トレ予防の老年若脳
認知症でボケ防止脳トレ問題老年若脳 メニュー
認知症でボケ防止脳トレ問題老年若脳 メニュー
認知症でボケ防止脳トレ問題老年若脳 メニュー
認知症でボケ防止脳トレ問題老年若脳 メニュー

脳は使わなければ衰え、使えば何歳になっても鍛えることができます。毎日の脳の栄養に、ぜひ当サイトの脳トレ問題をご活用下さい。

睡眠の質は老化の原因にも。姉妹サイト「敷布団の世界」もぜひご覧ください。


ワーキングメモリ(作業記憶)トレーニング

人の脳にはワーキングメモリと呼ばれる領域があります。情報を一時的に保ちながら操作するための領域で、暗算や会話、思考能力等に影響します。
瞬時に一時記憶して、それを活用しながら行動しているとき、このワーキングメモリがフル活動しているということです。

ワーキングメモリを使う生活の場面

例えば、おつりの計算や、暗算等、紙で計算するのではなく、数を頭の中に描きながら計算しなくてはならないとき、この作業がワーキングメモリで行われています。

人と会話をするときもそうです。会話の内容を踏まえ、理解しながら次の言葉を発する、という動作はワーキングメモリの活動なくしては成り立ちません。

創造性のある思考をするときにもワーキングメモリが使われます。ワーキングメモリ領域が広い人は、普通より創造の幅が広いことが分かっています。人は新しい物事や計画を作るとき、経験の中から思考がスタートします。ワーキングメモリが狭い人はその経験の中から思考が抜け出せず、ワーキングメモリが広いひとはもっと広い発想で思考を繰り広げていくことができるそうです。

ワーキングメモリは心のメモ

ワーキングメモリは、生活の中の「メモを取るまででもないこと」を頭の中に一時置いておくことが出来る機能です。

例えば、買い物をしている時、あれが必要、これが必要と考えます。これもワーキングメモリの活動です。この時、話しかけられると、「あれ、何が必要なんだっけ?」と忘れてしまうことがあります。ワーキングメモリは領域が限られているので、一度にたくさんのことは出来ないのです。

ワーキングメモリの劣化は物忘れの始まり

ワーキングメモリは前頭前野にあり、思考における重要な役割を果たしています。このワーキングメモリが劣化すると、「あれ、何をしようとしていたんだっけ」、会話時も「あれ、会話が理解できない…」と、いろいろなことに支障をきたしてきます。

こうならないように、ワーキングメモリを鍛えておきましょう

ワーキングメモリを鍛える

例えば、人は一度に覚えられる(ワーキングメモリに記憶できる)数字の数が5個〜9個ほどだと言われています。郵便番号くらいの長さですね。単語も短いほうが覚えられるのも、ワーキングメモリの領域に限りがあるからです。

ワーキングメモリを鍛えると、数字なら20個ほどを覚えられたり等と成長するいことが出来るといいます。ワーキングメモリ領域が広がれば、会話の理解度も上がり、ど忘れも減り、冴えた頭になることが出来るでしょう。

日常の中で鍛えるなら、下記が有効であると考えます。
・新聞を10文字くらいのブロック単位で見て読んでいく
・看板を見たらぱっと記憶し、見ないでぱぱっと頭の中に描いてみる
・会話の際、相手の話をよくよく覚えるように聞く
・カラオケの際、得意でない歌を歌い、歌詞を見ながら出なく、歌詞をぱっと見て、目をそらして歌う。
・日常の簡単な判断は瞬時にこたえる。
などなど…

[ 一覧に戻る ] [ トップページ ]





脳血管性認知症予防

脳血管性認知症についてまとめました。
突然の発症が怖い病気。予備知識としてぜひご覧下さい。

転倒・骨折と認知症

転倒による骨折から長期入院や寝たきりとなり、認知症になる方が多数います。ポイントは・・・。

糖尿病と認知症

糖尿病はそれ単体で認知症になる危険性があります。
正しい知識で糖尿病を防ぎましょう。

糖尿病予防で認知症予防

どんなに節約していても、怖いのが突然の病気等による出費です。
シニアの為の保険についてご紹介します。

レクリエーションプリントで脳活性化

シニアレク会館(姉妹サイト)に、無料で使えるパズルプリントが多くあります。

私が作成した電子本を発売しました。

▼1文字2分割       ▼1文字3分割
  

ボケ防止クイズ&ゲームで認知症予防

辞書ゲーム 思い出しゲーム ブロック途中経過推理ゲーム 漢字ばらばらゲーム 瞬間記憶脳刺激ゲーム 違うところ探しクイズ ダジャレを考えようゲーム

百人一首を書く 一覧

計算問題(足し算問題)他の問題へのリンクも


毎日の「アレコレ」を認知症予防体操にチェンジ

 料理編 食事編 テレビ編 ケイタイ編 一覧

お気に入りに追加