ボケ防止と認知症予防情報サイト。脳トレで脳若返り、健康寿命を延ばす情報等。


トップページ
サイトマップ

認知症予防、介護・認知症情報、シニアの健康情報、脳トレパズル



★お勧め姉妹サイト シニアレク会館(脳トレプリントDL)

認知症は発症の20年前から始まっている

認知症は発症してからゆっくりと進行していく病気であることは広く知られてきていますが、発症までの時間も実は非常に長いのです。

20年かけて発症に至る

認知症は発症まで20年かかるといわれています。つまり、68歳で発症したなら20年前は48歳。認知症という病気に対する意識すらなかった年齢でしょう。20年前の脳に対する認識の甘さが認知症を招くことになるかもしれないのです。

定年後の生活は大丈夫?

認知症は80代になると急激に増えますが、その20年前はちょうど定年の時期。これも何か関係があるのかもしれません。

脳に大切な人とのコミュニケーションであったり、程よい緊張感であったり、通勤の際の運動や注意力を常に使う(人をよける、車内でぶつからないようにする等)環境等は、認知症予防に効果的でした。強制的に脳をボケさせない環境におかされていたともいえます(反面、ストレスは大いにマイナスで、場合によっては致命的なダメージにもなりますが)。

退職して夫婦ともども一転してのんびりした生活になり、必要以上にゆったりとして、脳も寝てばかりになったとしたら、脳にとっては問題です。

せっかく脳の大敵であるストレスから解放されたのですから、趣味に没頭したり、旅行に出かけたり、地域活動に参加したりと、脳に新鮮な刺激を与え続ける方法を見つけられると良いでしょう。

40代位から認知症に対する強い意識を。

認知症は65歳以上の発症が一般的(65歳未満の場合は若年性認知症と呼ばれます)です。つまり、その20年前は45歳。40代くらいから認知症対策に強い意識を持つのは理にかなっています。

認知症にならないための生活の見直しや、運動や脳トレーニングを取り入れることで、認知症発症を抑えることができるでしょう。

[ 一覧に戻る ] [ トップページ ]





認知症基礎知識と情報

認知症についてまとめました。
新しい情報や対処法など様々な情報を随時更新していきます。

脳血管性認知症予防

脳血管性認知症についてまとめました。
突然の発症が怖い病気。予備知識としてぜひご覧下さい。

転倒・骨折と認知症

転倒による骨折から長期入院や寝たきりとなり、認知症になる方が多数います。ポイントは・・・。

糖尿病と認知症

糖尿病はそれ単体で認知症になる危険性があります。
正しい知識で糖尿病を防ぎましょう。

糖尿病予防で認知症予防

どんなに節約していても、怖いのが突然の病気等による出費です。
シニアの為の保険についてご紹介します。

レクリエーションプリントで脳活性化

シニアレク会館(姉妹サイト)に、無料で使えるパズルプリントが多くあります。

ボケ防止クイズ&ゲームで認知症予防

辞書ゲーム 思い出しゲーム ブロック途中経過推理ゲーム 漢字ばらばらゲーム 瞬間記憶脳刺激ゲーム 違うところ探しクイズ ダジャレを考えようゲーム

百人一首を書く 一覧

計算問題(足し算問題)他の問題へのリンクも


毎日の「アレコレ」を認知症予防体操にチェンジ

 料理編 食事編 テレビ編 ケイタイ編 一覧

お気に入りに追加




認知症予防脳トレパズル
認知症予防脳トレパズル
認知症予防脳トレパズル
認知症予防脳トレパズル
認知症予防脳トレパズル
認知症予防脳トレパズル
認知症予防脳トレパズル
認知症予防脳トレパズル

 ▼ 姉妹サイト
認知症予防脳トレパズル
認知症予防脳トレパズル
認知症予防脳トレパズル
認知症予防脳トレパズル
認知症の仕組みはまだわかっていません。ただ、脳は使えば使うほど、良い刺激を与えれば与えるほど活性化し成長します。脳は何歳になっても成長することがわかっています。認知症の予防の為にも脳は積極的に使っていきたいですね。