ボケ防止と認知症予防情報サイト。脳トレで脳若返り、健康寿命を延ばす情報等。


トップページ
サイトマップ

認知症予防、介護・認知症情報、シニアの健康情報、脳トレパズル



サイト管理者の本がアマゾン「仕事術・整理法」ランキング1位獲得です!『論理的思考力を鍛える33の思考実験』是非ご覧ください^^!
★お勧め姉妹サイト シニアレク会館(脳トレプリントDL)


認知機能低下を伴う病気1 慢性疲労症候群

認知症以外にも認知機能の低下を伴う病気があります。認知症と異なり一時的なものや、病原となるものを取り除くことで治るものなど様々ですが、認知機能の低下が認知症以外にも様々な病気によっておこるものであるということをまとめていきたいと思います。

まず1つ目は慢性疲労症候群です。

患者数は推定36万人

慢性疲労症候群は、原因不明の強い疲労感が6か月以上続く病です。慢性疲労と名前が似ていることから混同されがちですが、慢性疲労症候群は慢性疲労のひどいもの、ではなく全く異なる病気です。

筋痛性脳脊髄炎、 ウイルス感染後疲労症候群といった病名もつけられており、現在一般的となっている慢性疲労症候群という誤解を招きやすい病名を変えようという動きもあります。

原因不明のこの病は、風邪をきっかけに発症したり、何の前触れもなくある日突然出会ったり、大きな病気の後に発症したりします。
年齢も性別も様々で、日常にストレスや不安を感じていたり、栄養の偏りや自律神経の乱れなどが影響しているともいわれています。

現在推定36万人の患者がいるとされており、予備軍もかなりの数にのぼると考えられています。

症状

強い疲労感が抜けず、寝ても朝から強い疲労感があります。
昨日あれだけ頑張ったし、とか、最近忙しかったからといった直接的な原因がわからないまま強い疲労感が持続する点で、慢性疲労とは異なります。
さらに、筋肉痛や微熱、関節痛、頭痛、不眠などの睡眠障害、認知機能の低下、やる気の低下、集中力低下、体温調節機能の低下(寝汗をかくなど)、筋力低下、等が起こります。うつが併発するケースも非常に多く、注意が必要です。

厚生労働省の発表によると、放っておくと症状が悪化し、3割もの人が寝たきりになるそうです。

治療は数か月から数年以上にわたり、漢方薬やビタミンCの投与、生活習慣の改善、うつ症状を伴う場合はそちらの治療もします。

[ トップページ ]





認知症基礎知識と情報

認知症についてまとめました。
新しい情報や対処法など様々な情報を随時更新していきます。

脳血管性認知症予防

脳血管性認知症についてまとめました。
突然の発症が怖い病気。予備知識としてぜひご覧下さい。

転倒・骨折と認知症

転倒による骨折から長期入院や寝たきりとなり、認知症になる方が多数います。ポイントは・・・。

糖尿病と認知症

糖尿病はそれ単体で認知症になる危険性があります。
正しい知識で糖尿病を防ぎましょう。

糖尿病予防で認知症予防

どんなに節約していても、怖いのが突然の病気等による出費です。
シニアの為の保険についてご紹介します。

レクリエーションプリントで脳活性化

シニアレク会館(姉妹サイト)に、無料で使えるパズルプリントが多くあります。

ボケ防止クイズ&ゲームで認知症予防

辞書ゲーム 思い出しゲーム ブロック途中経過推理ゲーム 漢字ばらばらゲーム 瞬間記憶脳刺激ゲーム 違うところ探しクイズ ダジャレを考えようゲーム

百人一首を書く 一覧

計算問題(足し算問題)他の問題へのリンクも


毎日の「アレコレ」を認知症予防体操にチェンジ

 料理編 食事編 テレビ編 ケイタイ編 一覧

お気に入りに追加




認知症予防脳トレパズル
認知症予防脳トレパズル
認知症予防脳トレパズル
認知症予防脳トレパズル
ちょこっと健康メモ
認知症予防脳トレパズル
認知症予防脳トレパズル
認知症予防脳トレパズル
認知症予防脳トレパズル

 ▼ 姉妹サイト
認知症予防脳トレパズル
認知症予防脳トレパズル
認知症予防脳トレパズル
認知症予防脳トレパズル
認知症の仕組みはまだわかっていません。ただ、脳は使えば使うほど、良い刺激を与えれば与えるほど活性化し成長します。脳は何歳になっても成長することがわかっています。認知症の予防の為にも脳は積極的に使っていきたいですね。