ボケ防止と認知症予防情報サイト。脳トレで脳若返り、健康寿命を延ばす情報等。


トップページ
サイトマップ

認知症予防、介護・認知症情報、シニアの健康情報、脳トレパズル



★お勧め姉妹サイト シニアレク会館(脳トレプリントDL)

大切なのは「好き」ですること

「若々しくいること」は多くの人にとって目標であり憧れです。それが外見のことなのか、中身のことなのか、重要視する部分は違っても、皆、若々しくいるために何かしらの意識はしているでしょう。

「たけしのニッポンのミカタ」では、抗加齢ドッグの医師、奥仲哲弥さんが若くいる秘訣を語っていました。医師ですので、薬による若返り法がメインのようでしたが、参考になる部分も多かったです。
また、松坂慶子さんの若さの秘密も紹介されました。

2013/04/12放送の「たけしのニッポンのミカタ・一億総老いたくない!老いに抗うニッポン人!?」を参考にした記事です。番組をまとめたものではありません。

大切なのは「好き」で行う趣味やトレーニング

奥仲医師は「好き」でやることに効果があると言っていました。松坂さんが好きでやっていた「万葉集の朗読(ステージで)」や「フラダンス」も、好きだから高い効果を及ぼしたといいます。
万葉集を朗読してる時の松坂さんの表情から、「とても幸せそう」と、エンドロフィンが出て、若返りの効果が発揮されていることを説明していました。

エンドロフィンは幸せを感じているときに分泌され、とても良い気分になります。この効果から、脳内麻薬と呼ばれるほどです。

同じ万葉集の朗読でも、好きでやるのと、仕事でやるのと、頼まれて断れず嫌々やるのとでは全く効果が違ってくるということです。大切なのは自分がそれを「好き」なのか、ということですね。同じ趣味でも、自分が好きでい続けられるものが一番良い趣味なのです。

芸能人が若い理由はドーパミン

芸能人はなぜあんなに若いんだ、と思ったことはありませんか。もちろん若作りは仕事のうち、ということで人よりよほど気を配っている芸能人は多いでしょう。しかしそれだけではないのです。

人から見られる、ということは快感につながり、それがドーパミンを分泌させるそうです。確かに、芸能人は人から見られるのが仕事です。そして最初は抵抗があったとしても皆それを快感に変えていきます。この特殊な環境が、彼らを若くいさせているということですね。

抗加齢ドッグとは

奥仲医師の「抗加齢ドッグ」では、88000〜の検査で、体の老化具合をチェックし、医学的な観点からアドバイスをくれたり、薬を処方したりするものだそうです。

主にみる点は3つで、「ホルモンの分泌具合」「活性酸素の濃度」「動脈硬化の進行具合」です。この中でホルモン分泌と動脈硬化は薬での対処法を紹介していました。
活性酸素についても薬ではありますが、「ビタミン剤」とのことですので、ビタミンC・Eを多くとる食事が大切と言うことです。

[ トップページ ]





認知症基礎知識と情報

認知症についてまとめました。
新しい情報や対処法など様々な情報を随時更新していきます。

脳血管性認知症予防

脳血管性認知症についてまとめました。
突然の発症が怖い病気。予備知識としてぜひご覧下さい。

転倒・骨折と認知症

転倒による骨折から長期入院や寝たきりとなり、認知症になる方が多数います。ポイントは・・・。

糖尿病と認知症

糖尿病はそれ単体で認知症になる危険性があります。
正しい知識で糖尿病を防ぎましょう。

糖尿病予防で認知症予防

どんなに節約していても、怖いのが突然の病気等による出費です。
シニアの為の保険についてご紹介します。

レクリエーションプリントで脳活性化

シニアレク会館(姉妹サイト)に、無料で使えるパズルプリントが多くあります。

ボケ防止クイズ&ゲームで認知症予防

辞書ゲーム 思い出しゲーム ブロック途中経過推理ゲーム 漢字ばらばらゲーム 瞬間記憶脳刺激ゲーム 違うところ探しクイズ ダジャレを考えようゲーム

百人一首を書く 一覧

計算問題(足し算問題)他の問題へのリンクも


毎日の「アレコレ」を認知症予防体操にチェンジ

 料理編 食事編 テレビ編 ケイタイ編 一覧

お気に入りに追加




認知症予防脳トレパズル
認知症予防脳トレパズル
認知症予防脳トレパズル
認知症予防脳トレパズル
認知症予防脳トレパズル
認知症予防脳トレパズル
認知症予防脳トレパズル
認知症予防脳トレパズル

 ▼ 姉妹サイト
認知症予防脳トレパズル
認知症予防脳トレパズル
認知症予防脳トレパズル
認知症予防脳トレパズル
認知症の仕組みはまだわかっていません。ただ、脳は使えば使うほど、良い刺激を与えれば与えるほど活性化し成長します。脳は何歳になっても成長することがわかっています。認知症の予防の為にも脳は積極的に使っていきたいですね。