ボケ防止と認知症予防情報サイト。脳トレで脳若返り、健康寿命を延ばす情報等。


トップページ
サイトマップ

認知症予防、介護・認知症情報、シニアの健康情報、脳トレパズル



★お勧め姉妹サイト シニアレク会館(脳トレプリントDL)

腸内環境に大豆とヨーグルト 世界ふしぎ発見

世界ふしぎ発見2016年3月19日放送内容と、私が調べた情報をまとめました。

腸内環境を整えると体が若返る、がんの予防、骨粗しょう症予防、しわを減らす、うつの改善、様々な病や症状を改善することができます。

最近何かと話題の腸内フローラ。腸内細菌の状態を改善するヒントを、2016年3月19日放送の世界ふしぎ発見で放送していました。

ミステリーハンターは中田あすみさん。
出演者である黒柳徹子さんは今回紹介された腸内フローラ改善のための食品をすでに知っており、食べていました。だからあれほどお若いのかもしれませんね。

ブルガリアの長寿村はヨーグルト生活

やはりヨーグルトは優れた腸内環境改善食品でした。ヨーグルトを毎日食べているブルガリアの農村でミステリーハンターが出会ったのは101歳の現役男性。耳は遠いものの、自分の足で歩き、仕事をし、普通の食事を食べ、会話します。まったく生活に困った様子はなく一人暮らしをしているそうです。とても101歳には見えませんでした。

長寿の秘訣は澄んだ空気と水と仕事とヨーグルトと、地元の医師が解説していました。この医師も80代後半。元気な医師です。

ブルガリアのスーパーでは、100種類ものヨーグルト(ほとんどプレーンヨーグルト)が売られており、水牛や羊、ヤギのヨーグルトもあります。

これほどまでにブルガリアにヨーグルトが定着したのには理由があります。イリヤ・イリイチ・メチニコフ(1845年〜1916年)ロシアの微生物学者(1908年ノーベル賞受賞)が、ブルガリアの長寿の秘訣はヨーグルトであるという仮説をもとに研究をしたことで、ブルガリア国内で一気にヨーグルトが広まったそうです。

番組中、ミステリーハンターが出題するクエスチョンで、キセロ・ゼレという発酵食品に使われている野菜は?というクイズがありました。
答えはキャベツ。ドイツのザワークラフトのブルガリアバージョンだそうで、とても酸っぱく、様々な料理に入れて食べるのだとか。

腸内環境が悪いと体は老化しやすくなります。ヨーグルトは体の若返り効果も期待できるということですね。
また、乳酸菌にはうつ症状の緩和、改善や認知症の症状改善にも効果があるそうです。腸内環境と脳は密接なかかわりがあるということがわかります。

エクオールでガン、しわ、骨粗しょう症予防

エクオールというのは主に大豆製品から腸内細菌により代謝で作られる、近年話題の大豆イソフラボンの効果の正体として注目を集めています。

エクオールが腸内で作られる人は日本人の46%しかいないと番組で放送されていました。
この作られている人と作れていない人の差は、大豆製品を積極的にとっているか否か、のようです。
とても活発に作られている人の例が豆腐屋の人というのも説得力を増します。
つまり、日ごろから大豆製品を積極的に摂取することで、エクオールが腸内で作られるようになる、ということです。
食べ続ける必要があるそうなので、大豆製品の料理のレパートリーは増やしておきたいところ。
大豆製品は、豆腐、納豆、油揚げなどがあげられます。
大豆製品以外では、葛が紹介されていました。

[ トップページ ]




認知症基礎知識と情報

認知症についてまとめました。
新しい情報や対処法など様々な情報を随時更新していきます。

脳血管性認知症予防

脳血管性認知症についてまとめました。
突然の発症が怖い病気。予備知識としてぜひご覧下さい。

転倒・骨折と認知症

転倒による骨折から長期入院や寝たきりとなり、認知症になる方が多数います。ポイントは・・・。

糖尿病と認知症

糖尿病はそれ単体で認知症になる危険性があります。
正しい知識で糖尿病を防ぎましょう。

糖尿病予防で認知症予防

どんなに節約していても、怖いのが突然の病気等による出費です。
シニアの為の保険についてご紹介します。

レクリエーションプリントで脳活性化

シニアレク会館(姉妹サイト)に、無料で使えるパズルプリントが多くあります。

ボケ防止クイズ&ゲームで認知症予防

辞書ゲーム 思い出しゲーム ブロック途中経過推理ゲーム 漢字ばらばらゲーム 瞬間記憶脳刺激ゲーム 違うところ探しクイズ ダジャレを考えようゲーム

百人一首を書く 一覧

計算問題(足し算問題)他の問題へのリンクも


毎日の「アレコレ」を認知症予防体操にチェンジ

 料理編 食事編 テレビ編 ケイタイ編 一覧

お気に入りに追加




認知症予防脳トレパズル
認知症予防脳トレパズル
認知症予防脳トレパズル
認知症予防脳トレパズル
認知症予防脳トレパズル
認知症予防脳トレパズル
認知症予防脳トレパズル
認知症予防脳トレパズル

 ▼ 姉妹サイト
認知症予防脳トレパズル
認知症予防脳トレパズル
認知症予防脳トレパズル
認知症予防脳トレパズル
認知症の仕組みはまだわかっていません。ただ、脳は使えば使うほど、良い刺激を与えれば与えるほど活性化し成長します。脳は何歳になっても成長することがわかっています。認知症の予防の為にも脳は積極的に使っていきたいですね。