ボケ防止と認知症予防情報サイト。脳トレで脳若返り、健康寿命を延ばす情報等。


トップページ
サイトマップ

認知症予防、介護・認知症情報、シニアの健康情報、脳トレパズル



★お勧め姉妹サイト シニアレク会館(脳トレプリントDL)

心筋梗塞の前兆はどんな胸の痛み?

心筋梗塞とは、心臓の血管に血栓などが詰まるなどして急激に心臓の血流量が低下し、栄養や酸素がいきわたらなくなる病。心筋が壊死し、ショック状態が起こります。

突然死の原因としても広く認知されている心筋梗塞ですが、その前兆となる胸の痛みはどのようなものなのでしょうか。

※2016年5月28日放送の、サタデープラスの内容を参考に書いています。

胸の痛みの種類でわかる心筋梗塞

国立病院機構大阪医療センターの上田恭敬医師は、心筋梗塞の前触れとなる胸の痛みを解説しました。

心筋梗塞が原因の胸の痛みは下記のようなものだそうです。

1.広範囲な胸の痛み
点ではなく、広範囲に痛みが及びます。また、ここが痛い!と指をさせるようなものではなく、場所が特定できない、何かこう、この辺が痛くて・・・というような痛みだそうです。

2.圧迫感を伴う痛み
ちくちくするような痛みではなく、圧迫感を伴う痛みです。
抑えられたような、重苦しい痛みが危険ということです。

3.痛みは数分
心筋梗塞による痛みは数分で収まり、10分もすればすっかり元通りになるそうです。何だったんだろう、と軽く考えてしまいがちなので要注意ですね。

心筋梗塞の前兆となるこれらの痛みは、階段を上った後や、激しい運動のあとなどに起こりやすいそうです。
頭の片隅で知っておくだけで、命に係わる危機を知ることができるかもしれません。

埼玉医科大学の新浪博士医師によると、血管を若返らせる食材のキーワードは「黒」。チョコレート、ブルーベリーや黒豆、コーヒー等の黒です。この黒は植物が自身の身を守るために作り出したポリフェノールによるもの。これらの食材を取り入れることで血管の若返りに効果が期待できるそうです。
血管の酸化を防ぎ、プラークが作られにくくします。ポリフェノールは良い栄養素としてあちこちで言われていますから、ぜひ上手に取り入れたい栄養素ですね。
ただ、ポリフェノールの持続時間は3〜4時間程度。こまめに食べることが重要だそうです。
チョコレート、コーヒーなど、糖分と一緒に取ることが多い栄養素なので、糖分の摂りすぎには注意です。

[ トップページ ]





認知症基礎知識と情報

認知症についてまとめました。
新しい情報や対処法など様々な情報を随時更新していきます。

脳血管性認知症予防

脳血管性認知症についてまとめました。
突然の発症が怖い病気。予備知識としてぜひご覧下さい。

転倒・骨折と認知症

転倒による骨折から長期入院や寝たきりとなり、認知症になる方が多数います。ポイントは・・・。

糖尿病と認知症

糖尿病はそれ単体で認知症になる危険性があります。
正しい知識で糖尿病を防ぎましょう。

糖尿病予防で認知症予防

どんなに節約していても、怖いのが突然の病気等による出費です。
シニアの為の保険についてご紹介します。

レクリエーションプリントで脳活性化

シニアレク会館(姉妹サイト)に、無料で使えるパズルプリントが多くあります。

ボケ防止クイズ&ゲームで認知症予防

辞書ゲーム 思い出しゲーム ブロック途中経過推理ゲーム 漢字ばらばらゲーム 瞬間記憶脳刺激ゲーム 違うところ探しクイズ ダジャレを考えようゲーム

百人一首を書く 一覧

計算問題(足し算問題)他の問題へのリンクも


毎日の「アレコレ」を認知症予防体操にチェンジ

 料理編 食事編 テレビ編 ケイタイ編 一覧

お気に入りに追加




認知症予防脳トレパズル
認知症予防脳トレパズル
認知症予防脳トレパズル
認知症予防脳トレパズル
認知症予防脳トレパズル
認知症予防脳トレパズル
認知症予防脳トレパズル
認知症予防脳トレパズル

 ▼ 姉妹サイト
認知症予防脳トレパズル
認知症予防脳トレパズル
認知症予防脳トレパズル
認知症予防脳トレパズル
認知症の仕組みはまだわかっていません。ただ、脳は使えば使うほど、良い刺激を与えれば与えるほど活性化し成長します。脳は何歳になっても成長することがわかっています。認知症の予防の為にも脳は積極的に使っていきたいですね。