ボケ防止と認知症予防情報サイト。脳トレで脳若返り、健康寿命を延ばす情報等。


トップページ
サイトマップ

認知症予防、介護・認知症情報、シニアの健康情報、脳トレパズル



サイト管理者の本がアマゾン「仕事術・整理法」ランキング1位獲得です!『論理的思考力を鍛える33の思考実験』是非ご覧ください^^!
★お勧め姉妹サイト シニアレク会館(脳トレプリントDL)


介護者の危険な10のストレスサイン

認知症患者の介護は人生を狂わせる大きなストレスとなり、介護者に降りかかります。そのストレスの大きさから、耐えられず心中といった悲しい事件も起きています。

介護者に降りかかる10のストレス

アメリカのアルツハイマー協会では、以下のような10のストレスが介護者に降りかかる主なストレスで、このストレス症状が出た場合は地域社会の支援サービスや医師等、相談できるところに相談すべきと言います。

・1:認知症の否認
・2:認知症の人への怒り
・3:引きこもり
・4:将来への不安
・5:抑うつ
・6:疲労困憊
・7:不眠
・8:怒りやすい
・9:集中力の低下・欠如
・10:心身の不健康


どれも容易に起きそうなことですし、起きたからといって、なかなか相談するに至らずに我慢してしまうことも多いと思います。
アメリカのアルツハイマー協会では、これらの症状の対処法として次のようなものを示しています。

認知症介護者のストレス対処法

・地域の支援サービスや社会の制度を知る。
知らないとサービスを利用できずに悩んでしまいます。

・助けを求める
一人で抱え込む必要はないはずです。

・リラクゼーション技術を使う
リラックス法を学んだり、瞑想や深呼吸なども有効。
アロマや音楽等、自分に合ったリラックス法があると良いようです。

・運動をする
運動はストレス緩和に効果的です。体を動かすとすっきりしますね。

・自分のための時間を確保する
すべてを患者の為に使うのではなく、自分の時間を確保することに力を入れる必要があるそうです。

・介護の勉強をする
介護のプロたちは介護の効率化や患者への負担減、ストレスへの対処などを知っています。知識は患者だけでなく自分を助けることにもつながります。

・自分を労わる
自分をつい犠牲にして、自分さえ我慢すれば、自分さえ頑張ればいいと考えてしまい、自分を追い込んでしまいます。
もっと自分のための生活を確保しなければならない、自分の人生が辛いものになることを認知症患者本人も望んでいないと考え、社会のサービスなどを利用して自分を大切にすることが重要です。


アメリカのアルツハイマー協会による10のストレスとその対処法でした。参考になれば幸いです。

[ トップページ ]





認知症基礎知識と情報

認知症についてまとめました。
新しい情報や対処法など様々な情報を随時更新していきます。

脳血管性認知症予防

脳血管性認知症についてまとめました。
突然の発症が怖い病気。予備知識としてぜひご覧下さい。

転倒・骨折と認知症

転倒による骨折から長期入院や寝たきりとなり、認知症になる方が多数います。ポイントは・・・。

糖尿病と認知症

糖尿病はそれ単体で認知症になる危険性があります。
正しい知識で糖尿病を防ぎましょう。

糖尿病予防で認知症予防

どんなに節約していても、怖いのが突然の病気等による出費です。
シニアの為の保険についてご紹介します。

レクリエーションプリントで脳活性化

シニアレク会館(姉妹サイト)に、無料で使えるパズルプリントが多くあります。

ボケ防止クイズ&ゲームで認知症予防

辞書ゲーム 思い出しゲーム ブロック途中経過推理ゲーム 漢字ばらばらゲーム 瞬間記憶脳刺激ゲーム 違うところ探しクイズ ダジャレを考えようゲーム

百人一首を書く 一覧

計算問題(足し算問題)他の問題へのリンクも


毎日の「アレコレ」を認知症予防体操にチェンジ

 料理編 食事編 テレビ編 ケイタイ編 一覧

お気に入りに追加




認知症予防脳トレパズル
認知症予防脳トレパズル
認知症予防脳トレパズル
認知症予防脳トレパズル
認知症予防脳トレパズル
認知症予防脳トレパズル
認知症予防脳トレパズル
認知症予防脳トレパズル

 ▼ 姉妹サイト
認知症予防脳トレパズル
認知症予防脳トレパズル
認知症予防脳トレパズル
認知症予防脳トレパズル
認知症の仕組みはまだわかっていません。ただ、脳は使えば使うほど、良い刺激を与えれば与えるほど活性化し成長します。脳は何歳になっても成長することがわかっています。認知症の予防の為にも脳は積極的に使っていきたいですね。