ボケ防止と認知症予防情報サイト。脳トレで脳若返り、健康寿命を延ばす情報等。


トップページ
サイトマップ

認知症予防、介護・認知症情報、シニアの健康情報、脳トレパズル



★お勧め姉妹サイト シニアレク会館(脳トレプリントDL)

呼吸だけでできるインナーマッスルの鍛え方

インナーマッスルとは、体の奥にある筋肉のことで、体の姿勢を正しく保ったり、骨や関節などを支える等大切な働きをしています。
インナーマッスルについてはこちらにまとめてあります。
インナーマッスルを鍛えて認知症予防

腹式呼吸でインナーマッスルを鍛える

息を全部はききろうとすると、普段使わない筋肉を使っている感じがすると思います。この時使ている筋肉は普段あまり鍛える機会のないインナーマッスルです。
インナーマッスルは筋肉ですので、○○筋という名前がそれぞれにあるのですが、腹式呼吸は腹回りのインナーマッスルを複合的に鍛えることが出来ますので、一つ一つ意識する必要がなく便利なトレーニングです。

○ 鍛える方法1
仰向けに寝て膝を曲げ楽な態勢を取ります。
ゆっくりと息を吸います。1・2・3・4…
ゆっくりと息を吐ききります。5・6・7・8…
これを10回ほど繰り返します。
姿勢が楽なので、腹式呼吸を意識しやすく、腹式呼吸に慣れていない方も行いやすいトレーニングであると思います。

○ 鍛える方法2
四つん這いになります。
この状態で鍛える方法1と同じように
ゆっくりと息を吸います。1・2・3・4…
ゆっくりと息を吐ききります。5・6・7・8…
これを10回ほど繰り返します。
この時、息を吸いながら体をそらさず、背中は丸めた状態のままにします。息を吐くときはやや背中をそらす状態で顔は前を向くような態勢を取ります。

インナーマッスルを鍛える基本は、
・ゆっくりと行う
・回数は多目に行う
です。

上記のトレーニングを1日1セット〜3セット行うと効果的だそうです。
ただ、無理をしても続かないので、思いついたときに行う、という方法でも良いと思います。

[ トップページ ]





認知症基礎知識と情報

認知症についてまとめました。
新しい情報や対処法など様々な情報を随時更新していきます。

脳血管性認知症予防

脳血管性認知症についてまとめました。
突然の発症が怖い病気。予備知識としてぜひご覧下さい。

転倒・骨折と認知症

転倒による骨折から長期入院や寝たきりとなり、認知症になる方が多数います。ポイントは・・・。

糖尿病と認知症

糖尿病はそれ単体で認知症になる危険性があります。
正しい知識で糖尿病を防ぎましょう。

糖尿病予防で認知症予防

どんなに節約していても、怖いのが突然の病気等による出費です。
シニアの為の保険についてご紹介します。

レクリエーションプリントで脳活性化

シニアレク会館(姉妹サイト)に、無料で使えるパズルプリントが多くあります。

ボケ防止クイズ&ゲームで認知症予防

辞書ゲーム 思い出しゲーム ブロック途中経過推理ゲーム 漢字ばらばらゲーム 瞬間記憶脳刺激ゲーム 違うところ探しクイズ ダジャレを考えようゲーム

百人一首を書く 一覧

計算問題(足し算問題)他の問題へのリンクも


毎日の「アレコレ」を認知症予防体操にチェンジ

 料理編 食事編 テレビ編 ケイタイ編 一覧

お気に入りに追加




認知症予防脳トレパズル
認知症予防脳トレパズル
認知症予防脳トレパズル
認知症予防脳トレパズル
認知症予防脳トレパズル
認知症予防脳トレパズル
認知症予防脳トレパズル
認知症予防脳トレパズル

 ▼ 姉妹サイト
認知症予防脳トレパズル
認知症予防脳トレパズル
認知症予防脳トレパズル
認知症予防脳トレパズル
認知症の仕組みはまだわかっていません。ただ、脳は使えば使うほど、良い刺激を与えれば与えるほど活性化し成長します。脳は何歳になっても成長することがわかっています。認知症の予防の為にも脳は積極的に使っていきたいですね。